2017年01月19日

食事前後に“感謝と誓い”


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガより【食事前後に“感謝と誓い”】を紹介致します。




「いただきます」は、感謝の言葉であり、誓いの言葉だ。

人間が生きていくためには、他の生物を食べなければいけない。
他の生物の生命をいただくのだ。

他の生物は、死にたくて死んだのではない。
だとしたら、自分の目の前に食材となってくれたモノたちへ
「あなたの分までしっかりと生き切ります!」と誓い、感謝する。

それが、「いただきます」だ。

あなたの生命を「いただきます」
そして、あなたの生きたかった今日をしっかりと生ききります!
という誓いの言葉なのだ。


そして、「ご馳走様」は、関わってくれた方々への感謝の言葉だ。

馳も、走るという意味だ。走るということが二重に使われている。

つまり、目の前の料理をつくるために、
食材を作られた方
食材を運ばれた方
食材を販売した方
食材を買い、料理を作られた方
料理を運ばれた方
料理を片付けられる方

目の前の料理に関わった方々、全てに感謝するから、
「ご馳走様」なのだ。

だから、残すなんていうことは以ての外。
そして、舐めるように綺麗に食べて、食器もきちんと片付けて、
運ばれる方が運びやすいように並べておこう。

そして、大きな声で、笑顏で「ご馳走様」を伝えよう。





※「いただきます」の意味は知っていましたが「ご馳走様」の意味は、知りませんでした。

とても深い文章です。食事前後で、感謝と誓いをしてまいります。
  


Posted by makishing at 06:16Comments(0)

2017年01月18日

世界各国のベタな名前

今日は、ある日調べた、日本の『山田太郎』にあたるような世界の名前を【世界各国のベタな名前】というテーマで、紹介致します。





・アメリカ→ジョンスミス
・ロシア→イワンイワノフビッチ
・韓国→ホンギルドン
・アラビア語圈→ムハンマド、アハマド、マハムード
・イタリア→ロッシやルッソが名字で、男性名はジュゼッペ、ジョヴァンニ、アントニオ、女性名はマリア、アンナ、ジュゼッピーナ
・スペイン→カルロス(男性名)
・ドイツ→ヨハン、ハンス
・フランス→ジャンピエール





※如何でしたでしょうか?

外国の有名人の名前についているのもあれば、聞いたことの無いのもありました。

ちなみに日本で意外と多いのは『鈴木実』だそうです。
  


Posted by makishing at 06:45Comments(0)

2017年01月17日

儲かり地元ホームセンター

今日は、ある日のテレビ情報番組から【儲かり地元ホームセンター】を紹介致します。





【儲かり地元ホームセンター】



ホームセンターは、全国各地で、いろいろ違う!?


全国規模の大手の逆化の戦略




・ムサシ(新潟)


直営39店舗

宮本武蔵のムサシ

商売するのに負けられないから

勝ち続ける方法は体験でレベルが違う

爪切り売り場、耕運機売り場、ティッシュ・トイレットペーパーなど、ある

トイレットペーパーは、売り上げは変わり、より高いのが売れる

お試しはコストかかるが効果は歴然

1.5倍にはなる

ペットコーナーも人気で、子どもが集まる

627億円




・いない(鳥取)


こだわりとは刃物

一般用と業務用

花板しか使えないのとか、スイカを切る専用のとか

佐助刈り込みバサミとかは、現代の名工

どうして刃物にこだわるかは、鳥取は刃物屋さんが多く、いないも元刃物屋さん

まさに博物館級の刃物取り揃え

刃物職人もいて、刃の幅を揃えて研ぐことができる

包丁と砥石を押さえる具合を調節する




・ジョイフル本田(茨城県水戸市)


ムチャクチャ広い敷地で、東京ドーム5.1個ぶん

最初は300坪だったが、お客様の声を聞いたら、こうなった

ドアノブだけで240種類

ヤシの木まである(50万円)

カーペットを部屋のレイアウトを敷いて切る方法や業者用の建材もある




・プラント(福井県)


23店舗ある

食料品があり、スーパーが一緒になっており、レジも一緒

お客様の買い物もスケールが違うのは、安いから

なぜ安くできるのかは、徹底的にコストカット

スリッパなど、投げ込み陳列し、従業員の手間が省ける

蛍光灯もついてない

お茶はただで、囲碁などの教室が毎日あり、お年寄りの方々にはサービス高い

福井県は世帯収入が高いから、この戦略




他にオススメのホームセンターは『ドイト』で埼玉と東京にあり、工具の体験で、実際に使わせてくれる





※日本全国には、このような特色を持つホームセンターが、活躍していたのですね!

全く、知りませんでした。これからのご活躍も、期待しております。
  


Posted by makishing at 06:35Comments(0)

2017年01月16日

人間にはどうして男と女がいるの?


今日は、書籍『子どもの「なんで?」に答えます!』(発行・発売:(株)アントレックス)の中から【人間にはどうして男と女がいるの?】を紹介致します。





【人間にはどうして男と女がいるの?】



A:男と女がいて、いろいろな性質が子どもに受け継がれることで、環境が変わっても生きていくことができるようになるためです。



地球に生物が生まれたのは、今から40億年ぐらい前だと考えられています。最初に生まれた生物には、男(オス)と女(メス)の区別はありませんでした。その頃の生物は、成長して大きくなると、2つに分かれて増えていきました。同じ生物が増えていくという単純な形でした。

ところが、約15億年前に、オスとメスに分かれた生物が出てきました。オスとメスが分かれると、協力して子どもを作らないと、増えることができません。ひとつの生物が分かれて増えるよりも、面倒だと思えるでしょうが、それでも、オスとメスに分かれることが必要だったのです。

地球では、気温が高くて酸素が少なくなった時期があったり、逆に、気温が下がって氷河期になったりしました。環境が変わった時に、どう生き残るかが問題でした。

ひとつの生物が2つに分かれるのでは、環境の変化に弱いという性質を持っていると、みんなが同じ性質を持ってしまいます。突然、寒くなったり、病気が広がったりすると、誰も生き残ることができません。

オスとメスに分かれることで、お互いのいいところを受け継いだ子どもが生まれてきます。こうして、環境が変わっても、その変化に対応して生きていくことができるようになったのです。





※なぜオス(男性)とメス(女性)が、世の中にいるかの疑問について、何十億年前の壮大なことを、知ることが出来ました。

神秘的ですね。最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:32Comments(0)

2017年01月15日

良い事ばかり、起こっている人


【良い事ばかり、起こっている人】



良い事ばかり、起こっている人。


その人が
している思考を

真似てみよう!




良い事ばかり、起こっている人。


その人が
している行動を

真似てみよう!




それが
出来た時


良くない事が

減っているはず!
  


Posted by makishing at 07:09Comments(0)

2017年01月14日

口コミで広がったカレンダー


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【口コミで広がったカレンダー】を紹介致します。





【口コミで広がったカレンダー】


不況に関係なくヒットし続けている商品があります。


入院患者や病院関係者の間の口コミで広まった「週間投薬カレンダー」という商品です。


週間投薬カレンダーは、いたってシンプルなデザインです。


縦に一週間の曜日が表示され、横に朝・昼・夜が表示され、それぞれの欄には透明ビニールのポケットが取り付けられています。


ウォールポケットタイプのカレンダーと言った方が伝わりやすいかもしれません。


一週間の各曜日の朝・昼・夜ごとに飲むべき薬が分けて入れられているため、飲み間違える心配がありません。


飲み間違えだけでなく、飲むべき薬がまだ残っている場合の飲み忘れにも気付きやすいです。


また、ビニールポケットには、「病院にいく日」などのメモ書きが出来るようになっているため、予定の確認も併せて行えます。


この週間投薬カレンダーを開発したのは、病院関係者ではなく、紙箱を作る会社の経営者である斉藤辰雄氏です。


斉藤さんのお母さんが90を超える高齢で昼と夜の薬の飲み間違えが頻繁に起きていたことがきっかけで開発されたそうです。


斉藤さんは医療の世界とは、まったく畑違いの仕事をしていたため、商品PRや販路開拓に苦労されたそうです。


医療業界の雑誌に取り上げられてから口コミで一気に広がり、今では、通販やデパートでも購入することが出来ます。


シンプルな商品ですが、これからの高齢化社会でますます活用される可能性を秘めていると思います。


「目の前の困っている人をどうすれば助けることができるか?」という強い思いがあったからこそ、このような素晴らしい商品が生まれたのではないでしょうか。





※流行り廃れや市場の好況不況に関係無くヒットし、使い続けられる商品・サービスって、とても素晴らしいです。

今回も、素晴らしい商品を勉強しました。最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:41Comments(0)

2017年01月13日

もうすぐ「空き家1000万戸時代」に


今日は、大阪市立住まい情報センター指定管理者の大阪市住宅供給公社・アクティオ・共同事業体発行のフリーペーパー『あんじゅ』2017年冬号(volume69)の4回連載の「親子で考える家のゆくえ」より【もうすぐ「空き家1000万戸時代」に】を紹介致します。





現在、全国で空き家はおよそ820万戸となり、総住宅戸数に対する空き家率は13.5%に達しています(平成25年「住宅・土地統計調査」より)。これからも空き家は増え続け、2018年には1000万戸を突破するという予想もあります。

空き家の発生には理由があります。「親が亡くなり、その家に子どもは住まない」「高齢の親が子どもと同居することにしたが、実家は家財置き場にして残っている」「高齢者向け住宅に住み替えたが、家は処分していない」「退院後に戻るつもりだったが、病院や介護施設での生活が長引いている」など、親の生活の変化に応じて、事実上の空き家が生じます。

「家を処分したいが売却できない」「賃貸しようとしたが借り手がみつからない」「家族で話し合ったが意見がまとまらない」「相談相手がいなくて判断できない」「相続した家を子どもたちで共有したまま何の手も打っていない」など、空き家に対して抜本的な解決が図れなかったり、解決を先延ばししているうちに、空き家が恒常化してきます。

これまでは住宅が建っていれば、固定資産税等が「住宅用地の特例」で安くなったので、更地にせず空き家のまま放置しているケースも少なくありませんでした。





※空き家について、このような問題が押し寄せているのですね。

本文は、この後『空き家放置で損なわれること』や『空き家の管理・手入れ』や『特定空き家への助言・指導』と、続いていました。

過疎地では、空き家に家族で住んでくれたら、市町村から補助金が出るような話も聴いたことがあったりします。

まだまだ知らない、シビアな問題でした。最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:35Comments(0)

2017年01月12日

安部総理が訪問した会社の経営理念

今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【安部総理が訪問した会社の経営理念】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





大阪南港の天彦産業さんを自社社員13名と訪問してきました。
同社は昨年ダイバーシティ(女性活用)が進んでいる会社として安部総理が訪問した会社です。
その安部総理が歩いた同じ通路を案内してもらい、会社の取組を解説してもらいました。
私は4度目の訪問となりますが、毎回そのおもてなしと取組が更にバージョンアップしていることに驚かされます。
http://www.tenhiko.co.jp/


〔同社の経営理念〕

社員第一主義
「社員が幸福であって、初めて顧客に尽くそうという気持ちになる」
3H(幸福)を高める
「自らの幸福」
「家族の幸福」
「会社の幸福」
自らの役割をしっかり果たして自らの幸福を高めること。
単なるわがままな幸福のことを言うのではない。
その幸福を高めることで、家族、会社の幸福につながるもの。

そして、お互い様の精神。
制度があるから産休、育休、介護の休暇を取る⇒×
お互いに起こることだから、みんなでカバーし合おう⇒お互い様

有給休暇消化と生産性は比例
⇒有給を取ろうとすると、その段取りのために効率を上げる。
その周囲のメンバーも有給を取ってもらおうと配慮する段取りをする。
ここにもお互い様。そしてその結果生産性が上がる。(ここは検証中)
ただ、有給消化率は100%を目指している。

最後に人間の幸福感の本質。
・愛されること
・ほめられること
・役に立っていること
・必要とされること

この中で下の2つの項目は特に管理者に徹底させている。
部下が役に立っていると感じることができるか、必要とされている実感を持って仕事、業務に取組むことができるようにしているか。
もし、できないなら管理者をおりるべきと。

今回の会社見学も学びの多いものとなりました。





※素晴らしい会社です。

素晴らしい会社には、素晴らしい理念があり、理念に基づいた実践があります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 11:34Comments(0)

2017年01月11日

パドックの見方


今日は、競馬の去年の有馬記念の勝ち馬投票券の払い戻しにJRAに行った時に、館内に置いてあった冊子『KEIBA CATALOG vol.34』(発行所:日本中央競馬会)から【パドックの見方】を紹介致します。





レースの約30分前になると、出走する馬がパドックに登場します。ここはレース直前の調子を見て応援する馬を決める、いわばファンと馬のお見合いの場。よ〜く観察してお気に入りの馬を見つけてね。



首を軽く上下しながら、リズムよく、パドックの外側を周回しているような馬を見つけてください。これが調子の良い、元気な馬。自分の持っている競走能力を発揮してくれるでしょう。また、周回当初は元気はなくても、騎乗号令になり、本馬場入場の時間が近付くと、キビキビと歩き出す馬もいるので、そういった変化には要注意。これはレースが近いことを察知して、気合いが乗っていることを示します。ですから、時間が許すかぎり、パドックは最初から最後まで見るとよいでしょう。

井内利彰(競馬ライター)



・首→まっすぐ首をのばしてグイグイ歩いている馬は好調といわれています。

・体→体がふっくらして馬体を大きく見せる馬は好調といわれています。

・尻→お尻が丸くて張っている馬は走るといわれています。

・汗→大量に汗をかいていたり、暴れていることを「イレ込んでいる」といい、このような馬はレース前にスタミナを消耗していることも考えられます。

・歩行→グイグイと引っ張るように歩き、やる気をみせている馬は、気合いが乗っている証拠といわれています。





※冒頭でサラッと書きましたが、去年、有馬記念で当てました。

遊びでいくつか馬券を買いましたが、とっても楽しかったです。

午年だからかどうか、わかりませんが、馬そのものが好きな私は、パドックで馬を観るのが好きです。

ただ、具体的に‘走れる馬’の見方を知りませんでした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:46Comments(0)

2017年01月10日

悩みは自分の“芸術作品”


今日は、いつも楽しく読ませて頂いている、受験生向けのメルマガから【 自分を裏切らない生き方 】(ブログ用テーマ:悩みは自分の“芸術作品”)を紹介致します。





悩みというのは、自分自身の芸術作品だ。
それは、自分が自分自身に言っていることと
やっていることが違うことから作り出される作品なのだ。

合格するかどうかという悩みは、勉強すると決めて、計画を立て、それをやらなかったことで、自分で作った作品だ。


だから、自分でやると決めたことは、きっちり最後までやり切ることだ。


本来、キミは、やりたいと思ったことは、やれる存在なのだ。

それを、キミはあれこれ理由をつけてやってこなかったから、できないと思い込んでいるのだ。

キミが自分の実力を自分自身に証明していないだけなのだ。

それは、キミがキミ自身を信頼して行動しなかった証でもある。

だから、これからは、自分を信じる。
自分を信用して、
自分を信頼して、
行動に移すのだ。

できるかどうかは、やればわかる。

自分を信じて、行動し続ける生き方、それが、自分自身を裏切らない生き方だ。

さぁ、今日も自分自身を裏切ることなく、やると決めたことはつべこべ言う暇がないほど、行動に移していこう。





※如何でしたでしょうか?

私たちの日常の仕事にも、言えるのでは、ないでしょうか。
  


Posted by makishing at 08:35Comments(0)

2017年01月09日

名前は違うけど同じものです


今日は、亀田製菓の柿の種の包装の裏面に書いてある『こばなしのたね』から、その9の【名前は違うけど同じものです】を紹介致します。





お酒のおつまみでおなじみの「するめ」と「あたりめ」。「するめ」を細かく裂いたものが「あたりめ」だと勘違いしている人も多いのではないでしょうか?実はこのふたつは同じもの。「するめ」はお金を「する」、すなわち「損をする」と似ているため、縁起をかついで「当たり目」と呼ばれることがあるのです。





※亀田製菓の柿の種のシリーズからです。

そう言えば、昔からのイカのおつまみで、お酒のお供をしていた「するめ」と「あたりめ」ですが、私の場合、こうして並べて初めて‘似たようなもの’という気づきをもらう、情けなさです。

考えたことすらなかったです。勉強に、なりました。
  


Posted by makishing at 06:26Comments(0)

2017年01月08日

トップ4%になるためにやるべきこと


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガより【トップ4%になるためにやるべきこと】を紹介致します。





先日、僕のセミナーに来てくれた人から「トップ4%ってなんですか?」って質問をいただきました。

『パレートの法則』というのがあります。20対80の法則と聞いたことがあるかもしれません。

これは、売上の80%を20%の社員が稼ぐとか、仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれるとか、小さな要因が、大きな成果を上げているという法則のことです。

これをもうちょっと細かく見て、大きな成果を上げている20%のさらに20%つまり、20%×20% = 4%になりましょう!ということを目指してもらいたくて、トップ4%のコンサルタントになろう!ということを言っています。

国税庁の調査では、労働人口のうち、年収1000万円以上の割合は3.9%(2014年)になるそうです。

なので、トップ4%には年収1000万円を稼ぐコンサルタントになりましょう!という意味も込められています。

というのが冒頭の質問の答えです。



トップ4%になろうと思ったら、それ以外の96%とは違うことをしないといけません。

普通とは違う成果を出したいなら、普通の人と同じことをやっていてはダメということです。

普通の範囲内で、普通の人と同じことをやっていては、やはり普通の収入になってしまうでしょう。

普通と違うことの例としてわかりやすいと思いますが、僕はクライアントに人が休んでいる時に働き、人が働いている時に休めとお伝えしています。

そのままの意味なんですが、例えば、お正月。

ほとんどの人がのんびりしている時に、反対にバリバリ仕事をしましょう!ということです。

実際にこうやって行動するといいことがたくさんあります。

他の人が休んでいるときは、仕事の邪魔をするメールや電話がこないとか、他の人が働いているときは、遊びに行ってもどこも空いているといった感じですね。

他の人と違う行動をするだけで、時間を有効に使えるわけです。



・・・というお話をすると、「いやいや、そんなことはできないですよ。」と、言い訳を言いはじめる方がいますが、もし、そんな風に思ってしまうのなら、普通であることが、普通になりすぎています。

普通じゃない成果を上げたいなら、そんな考え方から早く抜け出す必要がありますね。

年末年始は、他の人と違う行動をするチャンスです。

ぜひ、これまでとは違うことにチャレンジしてみてくださいね。





※『トップ4%』の数字の意味を、しっかり理解出来ました。

皆様も、年頭にあたり、目標を掲げたことと思います。

人と違う、思考と行動をして、とてつもないモノを手に入れましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:30Comments(0)

2017年01月07日

日本農政にとって、酉年とは?


今日は、日本農業新聞1月1日より【酉年“歴史”大きく動く】(ブログテーマ:日本農政にとって、酉年とは?)を紹介致します。





酉(とり)年は、日本農政にとって歴史的な出来事が起きている。

1993年は、ガットのウルグアイ・ラウンド合意で米の輸入自由化に踏み切った。それまで米の輸入はほとんど行われていなかったが、ミニマムアクセス(最低輸入機会=MA)として一定量の輸入を義務付けられた。日本農業の大きなターニングポイントとなった。

冷夏で大凶作に陥ったのもこの年。店頭から米が消えるなどの混乱が広がり、国はタイなどから緊急輸入に踏み切った。

2005年には、農業の担い手育成を加速させるため「経営所得安定対策大綱」を決定。一定規模以上の農家に支援を絞り込む品目横断的経営安定対策を導入することを盛り込んだ。秋には豊作などで主食用米の需給が緩み、政府は過剰米40万トンを市場から買い上げる措置を取った。

さらに同年は、牛海綿状脳症(BSE)が発生して輸入を禁止していた米国産牛肉の輸入を2年ぶりに再開した。





※過去の歴史を観ると、酉年って、そんな年なんですね。

今年一年、変化をどう楽しみ、モノに出来るかを考えてまいります。
  


Posted by makishing at 07:30Comments(0)

2017年01月06日

イスラム教徒に大人気!『方角を示す腕時計』

今日は、いつも楽しく読ませて頂いている、平成28年5月19日付けのメルマガ【イスラム教徒に大人気!『方角を示す腕時計』】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





【イスラム教徒に大人気!『方角を示す腕時計』】


カシオ計算機から発売されている「PRAYER COMPASS」という腕時計があります。


「お祈りする人向けのコンパス」という意味を込めてネーミングが決められた腕時計です。


日本では販売されておらず、イスラム圏でしか販売されていませんので、ご存知でない方も多いのではないでしょうか。


このPRAYER COMPASSの特徴は

(1)お祈りの時間を教えてくれる
(2)メッカの方向を示す
(3)イスラム暦で何月何日かが分かる

という3つの機能にあります。


この3つの機能がイスラム教徒に好評を博しています。


イスラム教徒にとって1日5回のお祈りはかかせません。


イスラム圏では、あちこちで正しい角度を示すポスターがあったり、時間になると街頭スピーカーがお祈りの時間を教えてくれます。


が、例えば、イスラム教徒のビジネスパーソンや旅行者がイスラム圏以外に出た場合は、たちまち困ってしまいます。


こんなときに役に立つのがカシオの「PRAYER COMPASS」


ちなみに、3つの機能の中で難しいのが、「お祈り時間」の算出だそうです。


お祈り時間は、毎日同じではなく、太陽の位置によって変わります。


夜明け前の礼拝は地平線より太陽が上にくる前に行います。


日没の礼拝は地平線の下に太陽が沈んだタイミングで行います。


つまり、自分がいる場所の緯度経度や、季節によってお祈りの時間は変わってくることを考慮する必要があります。


これらを正確に算出するのは、日本の技術があるからこそ実現できるものだと言われています。


競合製品がまだこの技術力に追いついていない模様です(去年5月現在)ので、独走状態を保つためのさらなる改良がとても楽しみですね。





※このような腕時計があるとは、全く知りませんでした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 09:04Comments(0)

2017年01月05日

『あなたにいちばん似合う街』


今日は、転職用のフリーペーパーの『ジョブアイデム 大阪市内北摂版 12月19日号』の中の〔オススメ新刊本〕から【あなたにいちばん似合う街】(副題:人生変えたいなら、住む街を変えよう、三浦展著、PHPエディターズグループ、1300円+税)を紹介致します。





アンケートにもとづき「住みたい街」を多彩な視点からランキング。3万人のサンプルから、東京・千葉・埼玉・神奈川居住者1500人、男女20〜49歳に対して、1都3県・107地域の選択肢から選ぶ形で「住みたい街」を質問した。さらにそこから年収、世帯類型、居住地あるいは住まい、消費行動、余暇行動、価値観などとの相関を分析している。男性20代の住みたい街1位は渋谷、では男性30代の1位は?/女性30代の1人暮らしの1位は吉祥寺とあの街/勝ち組志向、お金志向の人が好きな街/未婚の人が住みたい街/赤坂・六本木が1位で吉祥寺が最下位になるのはどんな基準?/年収が高い人が住みたくなる街、住みたくなくなる街はどこ?など。あなたと似ている人は、どんな街を好んでいるか。自分のニーズやライフスタイルに合った街がわかる1冊。





※新年1回目の書籍の紹介です。

様々な角度から、データを駆使し、「自分にとって良い街」を選べる一冊で、特に首都圏の方々や、その地域に引っ越し等考えておられる方々には、参考になると、思われます。

転職用のフリーペーパーの中で紹介されているのも、貴重でした。
  


Posted by makishing at 06:31Comments(0)

2017年01月04日

日本酒造組合中央会から『新年の御挨拶』


今日は、日本農業新聞1月1日の広告欄より【日本酒造組合中央会から『新年の御挨拶』】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





「今年は日本酒の『酉年』 日本酒で新年を祝いましょう」



2017年の干支は「酉」

「酉」は元々が酒を入れる壺の象形文字です

日本酒は地域の恵み 風土が育てたお米 水が

その姿を昇華させたお酒です

地域の豊かな食と日本酒の和食文化で

皆様をおもてなしします



世界中の人々と日本酒で乾杯!



皆さまが幸せな一年を過ごせますよう 祈念いたします


平成29年 新春



日本酒造組合中央会
会長 篠原 成行





※そう言えば、『酒』から‘さんずい’を取ったら『酉』になります。

全く気づいていなくて、又『酉』がそもそも酒を入れる壺の象形文字だったこと、知りませんでした。

思わぬ記事から、勉強しました。
  


Posted by makishing at 08:16Comments(0)

2017年01月03日

夢判断


今日は、2017年『平成29年福壽暦』(高島易断所本部編集、東京神宮舘蔵版)より【夢判断】を紹介致します。





〓天に昇る夢は希望が成就する兆し吉夢

〓天から落ちる夢は運気が下降する前兆

〓曇天の夢は諸事低迷していく意味。凶

〓朝日が昇るのは、神仏の加護を得て吉

〓月が山から昇る夢は運気好転の兆し吉

〓月、日が並んでいる夢は苦労する暗示

〓雲の上に立つ夢は願い事が成就する吉

〓にわかにかき曇る夢は争い事がある凶

〓雨がしとしと降る夢は幸運が訪れる吉

〓虹の夢は名誉ある事や目標達成の吉夢

〓地震にあった夢は諸事、凶運が訪れる

〓山に登る夢は苦労するが結果はよい吉

〓山火事の夢はけんかや口論が生じる凶

〓橋が流される夢は意思の疎通が悪く争論

〓石橋を渡る夢は願い事が成就する吉夢

〓家事を消す夢は不時の災難にあう凶夢

〓神社に参拝する夢は願い事が叶う吉夢

〓法事に参列する夢はよい事のある前兆

〓夫婦喧嘩の夢は意外な出費。健康注意

〓病気見舞いの夢は自分に災難が起きる

〓葬儀の列に出会う夢は商売繁盛の吉夢

〓歯が抜ける夢は金銭問題が起きる凶夢

〓爪を切る夢は計画したことが解決する

〓お金を拾う夢は失敗や障害を被る凶夢

〓飛行機の夢は運気上昇、希望が叶う吉





※皆様の初夢は、どんな夢でしたか!?

今年のスタートが、最高でありますように。
  


Posted by makishing at 06:56Comments(0)

2017年01月02日

サクセスマインドセット


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【サクセスマインドセット】を紹介致します。





■サクセスマインドセット


1)素直さ
→ただ単になんでも言うことを聞くのが素直さではなく、教えてもらう以上は素直に受け入れて実践することが大切です。


2)好奇心
→大人になって失うもの。それが好奇心。子供のように、どんなことにでも興味を持てることが出来れば、モチベーションが下がることはない。


3)情熱
→情熱とは、ガソリンのようなもので、自分自身が燃えることが出来れば、周りにも伝染しながら広がり、多くの人を巻き込むことが出来る。


4)愛情
→成功の条件はどれだけの人に応援されるか。そのため、自分・他人をまず愛することで、相手もあなたを愛してくれるようになる。


5)友情
→人はひとりでは生きていけない。あなたは自分がどうなろうと助けたいと思える人はいるでしょうか?思っているのであれば、相手も同じです。


6)信じる心
→自分は信用出来ない人と仕事は出来るでしょうか。信じてもらうために、まずは、あなたが人・自分・未来を信じることが大切です。


7)謙虚
→自分に自信のある人ほど謙虚になれるものです。本当の謙虚さの裏には、他人を思いやる気持ちが必要です。ごう慢になっては御終いです。





※この7つのサクセスマインドのキーワードを、よく意識して行動したいと思います。
  


Posted by makishing at 09:21Comments(0)

2017年01月01日

過半世紀の新年


【過半世紀の新年】


この世に生まれ出て

50年が過ぎた



呼吸を始めて

50年が過ぎた



心臓の鼓動も

50年が過ぎた



大地に根差して

50年が過ぎた



食べ出してから

50年が過ぎた





いろいろあった

50年。



次の50年は、

どんなワクワクドラマが

待っているだろう!





※皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年も、ブログ『“真実一路”の牧野眞ーです!!』を、宜しくお願い申し上げます。
  


Posted by makishing at 08:31Comments(0)

2016年12月31日

今のあなたを創ったのは過去の選択です


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【今のあなたを創ったのは過去の選択です】を紹介致します。





私はまだ20代ですが、ここまで色んな事がありました。


そして、あなたの人生にもきっと様々な出来事があったと思います。


お互いの人生は全く別の物で共通点など、何もないかもしれません。


でも、確実に言えるのは私たちの人生にはこれからも様々な出来事が待っているという事です。


その出来事は、予想がつくものもあればまったく想像もしていなかった想定外の出来事も起こるでしょう。


そんな数々の出来事によって自分の感情は大きく揺さぶられ、その事が原因で何かの結果が左右されていくかもしれません。


しかし、忘れてはならないことは自らが選択した行為によって、自分の未来が作られていくという事です。


私たちの人生は選択の連続でありその選択次第で、人生の行方が決まっていくのです。


今日、起こった結果は昨日、一昨日の出来事が原因で起こった結果のような錯覚を起こしますが、実はそうではありません。


今起こった結果は、「あなたが、これまでなにを選択したのか?」によって作られたものなのです。


そのとき起こった出来事ではなく「そのとき、何を選択したのか?」という決断が、今のあなたを創っていると言えるでしょう。


あなたが今、感じている障害がどんなものであれ、あなたがたどり着きたい場所がどこであれ、その障害に負けるのか?乗り越えるのか?その場所に行きつけるのか?途中で諦めるのか?


これらを決めるのは、全てあなたの今の選択であって、過去の選択は一切関係がないのです。


ですから、人間は「選択」によって生かされる存在であると言えるでしょう。


先延ばしは良くない事を分かっていながらズルズルと先送りすれば、時間がなくなり、焦って余計に追い詰められる事を選んでいます。


逆にやるべき事に早々と手を付け準備万端で望めば、本番で多少のトラブルがあっても慌てず対応できるという結果を選べます。


上手くいかないと分かっていながら失敗から学ぶことを選べば、次からは上手くいくという結末を選ぶことになるでしょう。


何かを選択をするということはそれに相応しい「結末」を選ぶことになるのです。


今する選択は、今この瞬間に影響があるだけでなく、未来に起こる結果にも影響するのが真実であり、人はそんな選択を連続して行っているのです。


しかし「常に未来の選択をしている」と思えない事が難しい事なのです。


誰も見てないからといって「適当にやればいいや???」という選択をしても、その選択は一見すると、結果にたいした影響があるようには思えません。


しかし、あなたを創るものがあなたの選択であれば、あなたは、あなた自身の設計者と言えるような存在です。


人は常に自分自身の選択によって創られる存在であるが故に、自分の間違いに気付けないのかもしれません。


ですから、誰もみていなければ問題がないかのように感じますが、しかし、先延ばしという選択をすれば、「未来で困っている自分」を引き寄せているのです。


「適当にやればいいや???」という選択をすれば、「適当な結果」というものだけが手に入る事でしょう。


「誰も見ていないからといって絶対に手抜きはしない!」


こんな選択は無意味に思えても実は、「どんな事でも全力でできる」という自分自身を選択する事になるのです。


「手にできるものはこれくらいだから一生懸命になるのは無意味だ!」という選択は、「得られるものが明確でなければ努力なんてしない」といった自分を引き寄せます。


自分が選択した事が目に見える形になるのは自覚しやすい事であり、数字で表れる収入や、自分の体重それに人脈の数などは、分かりやすい目に見える結果だと言えるでしょう。


しかし、自分の選択が自分を創るのは自分の事だけに気付けないと思います。


ですから、その人の信念や考え方、それに性格は本人には分からない事ばかりです。


今のあなたを創ったのは過去のあなたの選択であり、今この瞬間のあなたの選択が未来のあなたを創るのです。


自分の選択次第で未来はいくらでも変わっていくのです。





※今日は、今年最後の日です。

今年の最後は『選択』について、お送りしました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 07:57Comments(0)