2009年02月03日

“安さだけで”買うな

ある日の新聞より

『カノッサの屈辱』『料理の鉄人』等、数多くのヒット番組を企画し、08年には『おくりびと』で初めて映画の脚本を手掛けた、放送作家の小山薫堂さんのインタビューで、御本人がおっしゃっておられました内容です。



今、正に節約ブームですが、お金は欲しいものを手に入れるだけでなく、応援したい企業や商店、作り手に拍手を送る為に使うもの、とおっしゃっておられます。



例えば、マヨネーズがスーパーで180円で売られていても、商店街のおばあちゃんの店で200円で買う事もある。マヨネーズを使う料理を教えてもらったり、笑顔が素敵だったり。幸せな気持ちになると言った付加価値があればいい、との事です。



異常に安い商品があったら、消費者には“なぜ安いのか”と考え、気が引けるなら買うのを止めたほうがいい・・・と。



生産者に圧力をかけて安く仕入れているのか、又は不当に儲けている人はいないか、払うお金の行き先まで目配りしたい、とおっしゃっておられます。



消費者倫理を義務教育で教えたりすると、消費者が育ち、経営のあり方を変え、社会が少しずつ変わっていく筈と、唱えておられました。



限りなく、そして際限なく安さを追求する“手数料ビジネス”と、商品を使い手の立場に立ち、適正価格での商売をする“価値創造ビジネス”・・・両者の考え方は、対極ですが、『ディスカウントショップ、100均ショップVS百貨店、高級店、専門店』の仁義なきに闘いに振り回される事なく、我々が消費者として“買い物”を再度熟考するターニングポイントに来ているのでは、ないでしょうか?それが、世の中を少しずつ良くしていく起爆剤になるような気がしてなりません。
  


Posted by makishing at 06:43Comments(12)