2009年02月12日

《仕事10訓》を覚えてみよう



以前、勤めていた会社の名物研修で行っていた、十訓を御紹介致します。



《鬼十訓》

1、仕事は自分から「創る」べきで、与えられるべきではない

2、仕事とは先手先手と、能動的に「働きかけ」て行く事で、受け身でやるものではない

3、「大きな仕事」と取り組め、小さな仕事は己を小さくする

4、「難しい仕事」を狙え、そしてこれを成し遂げる所に進歩がある

5、一度取り組んだら「放すな」目的完遂までは殺されても放すな

6、周囲を「引きずり回せ」引きずるのと、引きずられるのとでは、永い間に天地の開きが生ずる

7、常に「計画」をして、長期に亘る計画を持っておれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる

8、何事にも「自信」を持て、自信が無いから君の仕事には迫力も粘りも、そして厚みすらも無い

9、頭は常に「フル回転」八方に気を配って、一分のスキもあってはならない、サービスとは、そのようなものである

10、「摩擦を怖れるな」、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練的な人間となる




この文章を、一字一句間違えずに、何人かのチームで勝ち抜けの暗唱をやりました。一人ずつ発表し、一字でも間違えたら、一人目からやり直し。チームとして、自分だけが暗唱出来ても駄目で、最後の一人までが、キッチリ言えたら終わりです。終わるまで、エンドレスでした。


辛かったですけど、出来たチームは、知らないうちに、チームの結束力が芽生えました。苦労したチーム程、その過程や直後からの結束力やチームワークが素晴らしかったのを、記憶しております。



障害が辛かったり、壁が高い程、乗り越えた時、“今まで以上のプレゼント”が得られる訳なんですね。
  


Posted by makishing at 06:49Comments(8)