2009年03月04日

どう接してあげるか?!


これは、私の派遣スタッフさんの話です。


その方は、元の実家は地方の工務店の一人息子さんでした。普通に学校を卒業して親の家業を継ぐべく、一緒に働いていました。


ある日突然、両親が蒸発しました。独り残された彼は、工務店廃業をせざるを得なくなりました。


家族を失い失意の中、彼は唯一の親戚を頼りに、関東の工場に行き、働きました。暫くの期間、働いた後、生産減少で、その工場を期間満了で終わった後、昔からの旧友と再会しました。


その友人は、大阪に出て一緒に共同事業をする話を持ちかけました。それを信じた彼は、手持ちの資金を友人に預け、大阪へ向かいました。


その後、彼は友人との連絡がバッタリ途絶えました。お金を持ち逃げされたのです。


失望した状態で、近所の工場で働く為、その方は私の出した広告を見て応募してくれました。


なんとか働いて頂ける事になった矢先、行方不明になっていた父親が、名古屋の病院に危篤状態で担ぎ込まれたとの一報を聞き、彼は名古屋に向かいました。


願いも虚しく、お父さんは亡くなりました。身寄りもないので、彼は一人で葬儀を故郷で済まし、帰阪しました。


暫く平穏でしたが、ある時を境に、父親からお金を借りていたと名乗る複数の人達から電話がかかってくるようになり、家にまで来るようになりました。


彼はストレスで病気になりました。毎日、仕事が出来ない状態になったのです。


私は、その方に『人生は、生きてる間に、悪い事と同じだけ良い事があるから、夢と希望を持っていきましょう』と、励まし続けています。
  


Posted by makishing at 06:23Comments(6)