2009年03月08日

『幸運をもたらす本』


何気なく手にした本が、“人生を一転させる衝撃の告白”が記されていた、驚きの話です。




1920年代、フランスの学生ジャン・ポーロ・ラコストは、イタリア、ローマのバチカンに来ていました。ジャンは母子家庭で育ち、貧しく学業を続ける事が難しくなり、バチカンの図書館で翻訳のバイトを見つけました。

図書館の司書長があいにく留守の為、司書長が戻って来る迄、館内で時間を潰す事にしました。

館内をうろうろしていて、なぜか『動物学』と言う本が目に付きました。そして暇潰しに読み進めていくうちに、面白くて夢中になり、気がつけば、最後から2ページの所まで来ました。

すると、そこの余白に赤いインクで「ローマのパラッツオ・ディ・ギウスティズィア裁判所に出頭し、そこに預けてある、この番号のついた書類を請求しなさい」と、書いてあり、「貴方にとって幸運が待っている」と締め括られていました。ジャンは行ってみました。

すると、古い書類でしたがありました。中には一通の手紙があり、手紙の主は、本の著者、エミール・ド・フェブリエの遺言書でした。

「貴方に私の全財産を差し上げます」・・・理由はこうです。「自分がせっかく一生懸命に書いた本『動物学』を世間の人は誰も読んでくれなかった。身内や友人は褒めてくれたが、本の中身に目を通した者は居なかった。だから、私の本を読んでくれた貴方に感謝の印として遺産を差し上げます」との事なんです。

なんと、ラッキーな事だと喜んだジャンは、フランス領事館に駆け込み、調査してもらうと、遺産は400万リラの大金でした。

・・・しかし、喜びもつかの間、イタリアの法律ではフェブリエの遺言は無効となっており、親族で一番近い者でないと、遺産相続出来ない、との事でした。

ジャンは、落胆しました。しかし、ある記憶が甦りました。それは‘母親の旧姓がフェブリエ’だと言う事でした。何か関係があるかもしれないと思い、調べた所、なんと!このフェブリエこそ、ジャンの祖父だったのです。

この不思議な偶然に、ジャン本人が一番驚きました。ローマ最高裁判所は、一番近い親族である彼の娘、つまりジャンの母親に遺産を与える裁決を下しました。

不思議な偶然の一致により、遺産を貰ったジャンは、再び学業に復学する事が出来ました。




※本をよく読む人も、あまり読まない人も、時には図書館や本屋さんに足を運んでみると、良いですね。ひょっとすると、思いがけない幸運が転がり込んで来るかもしれませんね。
  


Posted by makishing at 06:16Comments(12)