2009年03月31日

“修理”ビジネスの人気


衣服・靴・宝飾品のリフォームにかけるビジネスの紹介です。


古い洋服・靴・宝飾品を、もう一度着たり、履いたり使おうと言う動き、職人の技と斬新なアイデアで、洋服・靴・宝飾品が生まれ変わるそうです。

コートは、修理で2万円。買った値段の何分の一で出来る。
サイズ変更やほつれ直しといったお決まりサービスに加え、流行に合わせてデザインを変えるなど、別の服のように生まれ変わらせる人も増えている。節約志向からリフォームへの抵抗感が薄れてきている。最近は、一歩踏み込んだデザインに変えている。例えば、肩パッド入りのスーツのパッドを外したり、大きな襟を簡素な形に変えたりして、服を有効活用する人が多い。若い人は、ミリ単位で仕上がりサイズを指定するなど、自分のこだわりに合わせて利用している。多少お金がかかっても使い捨ては嫌だと言う客が増えた。
靴の修理は、ベテラン社員が靴の底を張り替えて、新品同様にする。靴底交換だけでなく、色のはげた革を染め直す“カラーリング”も増えた。傷を隠す為に、元と同じ色に染める人が大半だったが、最近は、白い靴を黒くしたりとか、別の色に変えてしまう人が、2月は、4割程伸びたらしい。
宝飾品では、宝石を取り外して新しいものに作り替えるサービスが登場している。1万5千円程度で、親のお下がりの古びたデザインの指輪からダイヤを外してペンダントにするといったサービスが人気で利用客は、前年比3割増と言う。



※景気悪化の中での修理ビジネスが、今後より注目されます。
  


Posted by makishing at 03:39Comments(8)