2009年05月06日

‘気づきを行動に変える’とは?


数ヶ月前に『すごい人の頭ん中2 すごい気づき』と言う本を、衝動買いしました。


その中に登場する12人の凄い方々が、素晴らしいのは勿論ですが、この本を編集・出版した人、ビジョネット総合プロデューサーの山口俊晴様に注目しました。そして、「あとがき」を先に読んでみました。すると、素晴らしい事が書いてありましたので、一部を抜粋して御紹介致します。



たとえ100の気づきがあっても、それは単なる気づきですが、たった一つの気づきを行動に変えた時、何かが変わります。何かが動き始めます。気づきを頭の中にしまっているのではなく、行動し生きた知恵に変えて下さい。


私自身が感じる事は、成功からの体験は勿論ですが、失敗からの体験も大きな成長への糧だと言う事です。成功した人に対してメディアでは、成功している事のみをクローズアップしがちになります。結果多くの人は、『あの人は運が良かった。自分とは違う世界の人』と片付けがちになりますが、実は成功は氷山の一角。成功が1だとすれば、その裏側に失敗は100ある事を忘れてはいけません。


なぜ1の成功に対して100の失敗があってもチャレンジを続ける事が出来たのか?失敗に恐れはないのか?当然の事ながら、決してそんな事はありません。ただ一つ違うのは、失敗をネガティブに考えていないと言う事です。凄い人達にとって失敗とは経験の一つであり、失敗は成功の糧と思っている事です。


凄い人達から、死ぬ間際になって、やらなかった事を後悔したり、言い訳をする人生には絶対したくないと言う事を学びました。そして、様々な視点の話から、小さな行動を積み重ねて来ました。


一人でも多くの方が、一生夢ある人生を送り、挑戦する人生を歩まれる事を、願っています。





※山口俊晴様の、素晴らしい御言葉に、感謝します。

私の、とてもお世話になっている方が、【失敗から学ぶ事】にこだわり、沢山の方々に失敗事例を紹介しておられます。

こうした地道な活動も、一握りの成功を掴む《成功を生む種》なんですね。
  


Posted by makishing at 07:20Comments(8)