2009年05月17日

徳永康起先生の【ある話】



〔ハガキ道に生きる〕の書籍や講演で、第一人者の、坂田道信先生の著書の一節の中に、複写ハガキの一番深い実践者の、徳永康起先生(教員です)とおっしゃる方が出てまいります。


その一節で、とても心を揺さぶる文章に出逢いました。御紹介致します。




ある時、クラスで工作用の切り出しナイフが紛失するという出来事がありました。「僕のナイフが盗まれた」・・・先生は、あっ、あの子が盗ったなというのが直ぐわかった。その子は金持ちで頭も良いのですが、母親が問題で、いつもその子を優秀な兄貴と比べて叱るのです。「お兄ちゃんがこんな良い子なのに」と。その日もその子は何か問題を起こして母親にお金を貰えなかったらしいのです。


先生は、直ぐに全員を校庭に出し、その生徒の机を開けてみました。すると、ナイフが見つかりました。徳永先生は、直ぐ自転車で金物屋に走り、同じナイフを買ってきて、なくなったと言う生徒の本にはさみ、机の一番奥に入れました。


生徒が教室に戻って来ると、徳永先生は「盗まれた」と騒いだ生徒に「君はあわて者だから、もっとよく調べてごらん」と言われました。


「先生、ありました」むやみやたらに人の心を疑うものではない、と言う教育。盗った子は涙をいっぱいためて先生を見ていたそうです。


ナイフを失敬した少年は、その後、航空兵を志願し、南方戦線に出動しました。優秀な米軍と明日は戦う事になった前夜、少年は徳永先生に宛てた“遺書”を書きました。


「先生、ありがとうございました。先生はあの時、私を黙って許して下さいました。私はあのナイフの一件で徳永先生の生き方を目指すようになりました。私の一生において徳永先生に出会った事は最高の喜びです。明日はお国のために飛び立っていきますが、先生、僕のような子供がいたら、どうぞ助けてやって下さい・・・・ありがとうございました。さようなら。」


そして、少年はニューギニアの空に散りました。


徳永先生は書いておられます。「私は、涙というものは、下を向いて流すもんじゃ思うとりました。ところが上を向いても涙が流れました。これほどありがたい事はない。」


徳永先生は、そのような人でした。





※感動しました。素晴らしい配慮、美しい教え方、個人攻撃をせず、教訓を全員に刷り込む事が出来、徳永先生の一つの素晴らしい生き方として、生徒達の心に永遠に根付き、離れない立派な教育方法ですね。
  


Posted by makishing at 06:37Comments(14)