2009年05月23日

〔THE21〕6月号広告より



日経新聞の中に、ビジネス雑誌《仕事満足度120%マガジン THE 21》の6月号(PHP研究所)の広告が載っていました。


その雑誌を読んだ訳では無いですが、その中の特集で『逆境に強い“タフネス社長”が語る不況期の心得』があり、4社の社長の一言コメントが載せてあり、それがそのまま凄く良かったので、御紹介致します。




☆王将フードサービス
◎大東隆行社長

「成績が悪くなると、決められた食材の量を減らしたりして利益を出そうとするでしょ。それは逆。悪い店ほど、価値を出すことに知恵を絞らんといかんのです。」



☆はとバス
◎松尾均社長

「繁盛期になれば、部門関係なく手の空いている社員総出で、交通整理などに当たります。そうしたことを通じてお客様と直接接することで、いろんな発見ができると思うのです。」



☆ガリバーインターナショナル
◎羽鳥兼市会長

「私にとって逆境は『外堀』なんです。自分が困難を乗り越えれば、新たな優位性が得られ、ほかの人が近づけない境地に達することができます。ですから、困難がたくさんあったほうが嬉しいんです。」



☆武蔵野
◎小山昇社長

「業績を落とした会社のなかには、先の心配ばかりして無駄な会議に時間を費やしているところがよくあります。でも社内でいくら議論したところで、答えが見つかるはずがない。業績を伸ばすための答えは、マーケットにしかありません。」




※ちなみに、一番のトップ記事は【(仕事ができる人は知っている!)不況を「チャンス」にする仕事術】でした。

これで充分な感じがしたのは、私だけでしょうか。得をした気分でした。

くどいようですが、この雑誌、読んでません。読んだ気になってしまいました(笑)。ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 05:31Comments(5)