2009年05月31日

【さかなクン】って、ご存知?



本日は『さかなクン』についてです。さかなクン?!ご存知でしょうか?


本名は、宮沢正之さん。日本のタレント、イラストレーターです。とにかく、魚の生態・料理法についての豊富な知識で知られ、講演や著作活動など、幅広く活躍されています。


東京生まれ、神奈川県綾瀬市育ちで、父は囲碁棋士です。東京水産大学(現・東京海洋大学)を目指すも叶わず、最終学歴は日本動植物専門学校(現在、廃校)です。中学3年生の時に、学校で飼育していたカブトガニの人工孵化(19個)に成功し、珍しい事もあり、当時新聞にも取り上げられました。


1993年に、テレビ東京の『TVチャンピオン』の「第3回全国魚通選手権」で準優勝し、その後5連覇を達成しました。芸名の【さかなクン】は、この番組で、中村有志さんが名付け親で、当時学校では‘さかなチャン’や‘博士’だったそうです。


その後、魚専門のサイエンスライターとして一躍有名になり、日本全国に活躍の場を広げました。東京海洋大学客員准教授・お魚らいふコーディネーター・水産庁水産政策審議会特別委員・千葉県立安房博物館客員研究員等の肩書きがあります。


常に頭に大きな魚(ハコフグ)のぬいぐるみ帽子をかぶり、どんな事があっても帽子は脱ぎません。又、ハコフグ帽は冬用・夏用(メッシュ加工され、通気性が良い)・水中用(スキューバなどで海に潜る際着用)・クロマキー用(通常は青だが、クロマキーがブルーバックだと青の部分が透けるので、ハコフグの体が黒くなっている)・教壇用(大学の校章が入っている)の5種類を持っています。


元気に飛び跳ねながらオネエ風の口調で明るく喋る姿と甲高い声が特徴です。口癖は「ギョギョ〜!」。キャラを作っていると思われがちだが、中村有志さん曰く「普段からこのまんま」だそうです。


現在、千葉県館山市に在住で、5000種類以上の魚やその料理法についての知識があります。横浜市長の中田宏さんに顔が似ていて、対面した時は中田市長がハコフグのぬいぐるみをかぶった事がありました。


初恋の相手は魚(本人談)。ウマヅラハギが憧れの魚だそうです。バイト歴は複数ありますが、魚に関する仕事のみでした。


中学時代、吹奏楽を始めましたが、『どうぶつ奇想天外』のサイトによると、水槽学だと勘違いして始めたそうです。そのため、サックスは演奏に長けています。


魚を食べる事も好きで‘あまり見ない魚は、とにかく食べ、又その際には骨まで食べ尽す’との事です。


ドランクドラゴンの鈴木拓さんとは、中学・高校の同級生です。同じ事務所に鳥くん・琉球サンゴくんがいます。


元々芸人ではなく、『魚に詳しい素人』としてテレビに登場した為、分類としてはタレントよりも、むしろ文化人に近く、プライベートは、あまり明らかになっておりません。





※この、さかなクンこそ、好きな事を突き抜けてやっていたからこそ、マスコミが注目し、彼を取りあげブレイクしたのですね。完全なるオリジナリティーの追求(追究)が、過去の受験に失敗した大学の准教授にまで、してしまいました。


世の中って、不思議で可能性があって、楽しいですよね!
  


Posted by makishing at 06:52Comments(6)