2009年06月18日

【つくる人・買う人】



【つくる人・買う人】


形ある物・・・それは、その大小や種類に関わらず、‘つくる人と買う人’が、存在する

‘つくる’には《造る・創る・作る》がある

しかし、‘買う’には《買う》しか無い

なぜなのか・・考えた

つくる人の気持ちや思い入れが、買う人に伝わっていないのではないか

どんなに小さい物や、安価な物でも、つくった人達の、苦労や汗の結晶が、ふんだんに詰まっている

なのに、買う側ときたら、お金を出せば買えてしまう

ひとつ例を出してみる

今は、もう珍しくも何とも無い『ペットボトル飲料』

ちょっと考えてみて下さい

中身の飲み物は飲料会社が開発し原料から、つくる

ボトル部分は、プラスチック成型会社が、金型から機械を回して、つくる

キャップは、別のプラスチック成型会社が、やはり金型から機械を回して、つくる

印刷は、テザイナーが知恵を絞って、原案から原稿をつくり、何度もやり直して、印刷会社が輪転機に回して、つくる

キャップ印刷も又、違う印刷会社が同じ苦労をして、つくる

そして、飲み物のネーミングは、キャッチコピーを何度も練り直して、考えたコピーライターが、つくる

忘れてならないのが、出来た製品は、運輸会社が輸送し、物流センター会社が一時預かりして、必要な分を入出荷している

・・・・・こんなに、沢山の人達の手を経て、一本100〜150円に収まり、私達は、手軽に買う行為がとれる

※皆さん、よ〜く考えましょう。その買い物、大切にして下さいね。
  


Posted by makishing at 06:38Comments(6)