2009年06月30日

【よいことに手を使う】




今日は鍵山秀三郎氏の『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』からです。



【よいことに手を使う】


頭のよい人とは、よいことを考える人のことです。特別な能力を持つとか、優秀な大学を出ていなければならないというようなことではありません。どんなに立派な学歴があっても、どんなに社会的な肩書きがあっても、悪いことを考える人は頭の悪い人なのです。


頭のよい人になるためには、よいことを考えて、よいことに自分の手を使うことです。人間の手と頭は連動しています。頭がよいことを考えると、必ず、手がよいことをする。手がよいことをすれば、必ず、頭がよいことを考えるようになっています。


頭でよいことを考えながら、手だけが悪いことをすることは絶対ありません。頭のよい人というのは、必ず、よいことに手を使っているものです。


私は永年、人の嫌がる便器や床を素手で掃除してきました。トイレ掃除のよいところは、始める前と終わったあと、はっきりとした差を確認できることです。そのぶん、達成感を味わうことができます。終わったあと、いうにいわれぬ爽快感を味わえるのも、トイレ掃除ならではの醍醐味です。


気分がさわやかになると、頭も冴えてきて、心も澄んできます。少なくとも、何か悪いことをしようなどという気持ちにはなりません。


自分の手をよいことに使うからだと思います。




※ストレートに伝わって来る、素晴らしい文章です。心が洗われる気持ちになります。こうした、純粋で純白な気持ちになれる事に、感謝です。今日も一日、一生懸命に頑張ろう、という気になります。
  


Posted by makishing at 05:36Comments(8)