2009年07月06日

【野菜飲料ベスト10】



てっとり早く野菜不足を補えると人気の野菜飲料。最近は口当たりをさらっとさせたり果汁を加えたりして飲みやすくした商品が増えているようです。専門家に試飲してもらい、『野菜の味が生きて飲みやすい野菜飲料』を選んで頂いた新聞記事が、載っていました。



1.I love vegi・・・サントリー食品(964ポイント)

2.からだ想い100〈トマト・フルーツ〉・・・キリンビバレッジ(934ポイント)

3.からだ想い100〈キャロット・フルーツ〉・・・キリンビバレッジ(924ポイント)

4.やさいしぼり 黄金比ブレンド・・・カゴメ(879ポイント)

5.充実野菜 緑黄色野菜ミックス・・・伊藤園(871ポイント)

6.農協健康菜園 日本の野菜と果物・・・日本ミルクコミュニティ(869ポイント)

7.充実野菜 国産100% 野菜&果実・・・伊藤園(864ポイント)

8.日本の野菜・・・明治乳業(854ポイント)

9.緑の野菜 モロヘイヤ&フルーツミックス・・・伊藤園(836ポイント)

10.やさいしぼり にんじんスイーツ・・・カゴメ(822ポイント)




野菜飲料市場規模は2007年に1850億円で過去最高だったが、2008年は「大型新商品が無かった」事等から前年比17%減の1530億円に縮小した(カゴメ推計)。


野菜飲料は食事プラスアルファとしての購入が多い。家計が厳しくなる中、支出の手控えが進んだ事も影響したようだ。


ただ、果汁入り等で飲みやすい商品が増え、愛飲層は広がった。メーカー各社は、野菜飲料の飲用場面を広げようとゴクゴク飲めるタイプを投入したり、国産原材料を使用したり、特徴ある商品開発に力を入れる。栄養補給に代わる鉱脈探しが、当面続きそうだ。





※野菜ジュースの戦いは、熾烈極まりないですね。実力も拮抗しています。

売上高で見ると、4位・10位・1位・5位・6位の順番です。

健康指向に注力するか、デザインや口当たりを考えるか、ネーミングも無視出来ない点です。

これから‘頭一つ出るのは、どこの何’か。注目していきたいです。
  


Posted by makishing at 06:30Comments(6)