2009年07月12日

【病気もチャンス】



ある本からの抜粋で、要約したものです。



『病気になったら』という詩があります。

とても前向きで明るい気持ちになります。

作者は、東京在住の晴佐久昌英さんという神父さん。

長い詩なので、冒頭だけ御紹介致します。



《病気になったら》

病気になったら どんどん泣こう

痛くて眠れないと言って泣き

手術がこわいと言って涙ぐみ

死にたくないよと言って めそめそしよう

恥も外聞もいらない

いつものやせ我慢や見栄っぱりを捨て

かっこわるく涙をこぼそう

またとないチャンスをもらったのだ

自分の弱さをそのまま受け入れるチャンスを

(晴佐久昌英著『恵みのとき病気になったら』サンマーク出版)



なぜ、人は病気になるのでしょうか。

なぜ、突然病気になるのでしょうか。


その人が悪いことをしたから、なるのではないと思います。


何かの罰として、なるのではないと思います。


病気になれば、辛い思い、苦しい状態を耐えねばなりません。


病気なんかなりたくない。病気になったら、早く治りたい。


誰でも、そう思います。


それでも、もしかすると、病気とともにチャンスが与えられているのかもしれません。


病気になれば、いろいろなことに気づくものです。


これまで当たり前のように、受け取っていた健康が、実は当たり前のものではなかったこと。


これまで当たり前のように送っていた日常生活が、実は当たり前のものではなかったこと。


病気と闘うときは、人生のチャンスなのかもしれません。


これまでの自分の生き方をゆっくりと時間をかけて振り返ることのできるチャンスなのかもしれません。


これまで独りで生きてきたのではなく、今も独りではないと知ることのできるチャンスなのかもしれません。


残りの人生を何の為に生きたら良いのか、ゆっくりと時間をかけて考えることのできるチャンスなのかもしれません。


人から愛され、人を愛することが、何にも勝るものだと知ることのできるチャンスなのかもしれません。




※入院された方を、御見舞いに訪問した時、同じような感想をおっしゃっておられました。読んで頂いた皆様、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 00:53Comments(10)