2009年08月17日

‘道後温泉の由来’とは?



盆休みを利用して、愛媛県松山市の、夏目漱石『坊ちゃん』で有名な、道後温泉に行って来ました。


沢山の温泉街の建物の中でも、メインストリートの商店街前にそびえ建つ、立派な旧家屋調の建物が、‘本館’と呼ばれている所でした。


私達家族は、迷わずそこに入浴しに行きましたが、お金を払った時頂いたチケット『神の湯階下入浴券』の裏に書いてあった〔道後温泉の由来〕を紹介します。




〔道後温泉の由来〕

神代の昔、大国主命(おおくにぬしのみこと)少彦名命(すくなひこなのみこと)の二神が国造りのため伊予に来られたところ、折悪しく少彦名命が重病に倒れました。これを見た大国主命は掌の上に少彦名命をのせ、湧き湯にひたされたところ、さしもの重病もたちまちなおりました。

身をもって湯治を体験された二神が沿池を整えられたのが、この道後温泉のはじまりと伝えられております。

現在の建物は神の湯本館が明治27年、又新殿(ゆうしんでん)・霊の湯棟が明治32年、南棟及び玄関棟が大正13年の建築で「道後温泉本館」として平成6年12月重要文化財に指定されました。




※今回の旅行は、一日半で強行スケジュールをこなす自動車での旅行でしたが、非常に充実極まりない内容でした。この道後温泉本館も、由緒正しい歴史建造物でした。こうしたものに触れる事が出来て、貴重な時間でした。
  


Posted by makishing at 04:13Comments(6)