2009年12月04日

相手を気分よくさせる〔その3〕



ある本からの抜粋です(一部削除)。



☆「別れぎわ」を大切にする人とは?



車であれ、電車であれ、船であっても、人を見送る時は、相手が見えなくなるまで、というのが原則である。中途半端なのが一番良くない。車が動き出した途端にきびすを返すのは、義理で仕方なく見送ったのだという印象を持たれても仕方がない。


機関車に引っ張られていた昔の列車の場合は、動き出してからスピードが出るまで時間がかかった。そこで、列車の動きに合わせてプラットフォームを歩き、最後には走りながら、さよならを言ったものだ。列車の窓やドアの開け閉めも自由にできたので、見送られる人のほうも身を乗り出したりして別れを惜しんだ。映画でも、そのような場面では別れる者同士の哀切な気持ちが伝わってくるものだ。


見送るという行為は、現象的には人が去っていくまで付き合う事であるが、感情的には別れたくないという気持ちの表現である。その感情をこめることなくして見送りの場に臨んだのでは、慇懃無礼にしかならない。恋人同士ほどではなくても、見送る以上は「もっと一緒にいたい」という気持ちが伝わらなくてはならない。


送られる側も同じ気持ちでなくては「片想い」に終わってしまう。それがちぐはぐであれば、周囲で見る第三者にとっては、とんだ茶番の一幕でしかない。すなわち、送られるほうも、見えなくなるまで何度も見送ってくれる人を振り返りながら遠ざかっていく感じがよい。


終わりよければすべてよしで、見送りの場面に「余情残心」が感じられれば、そのときの会合は大成功ということになる。最後まで見送ってもらえると、それが印象的な「残像」となって、次に再び会うときまでずっと残る。相手のことを「いとおしい」ないしは「かわいい」と思う気持ちが持続する。


たとえ街角の雑踏の中で別れるときでも、見送ろうとする風情のある人には、ちょっと心が引かれるところがある。そういう人に対しては、ひいきをするとまではいかないが、常に好意的に見ようとする結果になるのが人情だ。




※私は、これは実践しています。普通の感情として『もうちょっと一緒にいたい』と思う、そう思える御付き合いが多いのかも、しれませんね。“素晴らしい残像”を、残していこう!
  


Posted by makishing at 06:20Comments(4)