2009年12月08日

【続ける工夫読ませる科学】



12/6の読売新聞の記事から(公認会計士の山田真哉氏からの書籍の紹介記事)です。



剣持まよ著、石田淳監修『脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術』(サンクチュアリ出版)である。

内容は、何をやっても三日坊主の主婦マンガ家が、ダイエット・家計簿・節約・日記・スポーツという「五大メンドクサイこと」にチャレンジするというものだ。

その際、人間の行動に焦点を当てた行動科学マネジメントのプロ、石田淳氏のアドバイスに基づき、科学的に「続ける工夫」を実行するというのが本書の最大の特徴だ。

たとえば、日記を続けるために、日記の置き場を考える。TVのリモコンという誘惑物が置いてあるテーブルは避けて、あえてパソコンの横に置く。すると、パソコンが起動する待ち時間を利用して日記を書くようになり、自然と毎日続けられるようになったのである。

また、家計簿を洗濯機のそばに置いておく。すると、洗濯を待っている間に家計簿をつけられるだけでなく、夫が勝手に家計簿を見てくれるのでサボりづらくなるという効果まであった。

節約も、生活費をただ切り詰めるのではなく、「一週間1万円」といった中間目標(スモールゴール)を立てることで、ストレスなく実行できるようにする。

このように行動科学では、目的に向けて続けたくなるような行動(ターゲット行動)を増やす一方、目的を邪魔する行動(ライバル行動)を減らすという2つのコツが大事だそうだ。

行動科学を正面から扱った書籍は読むのがおっくうという人も、おそらくコミックならば最後まで読みきることが出来る。読書自体も行動科学を取り入れるべきなのだろう。





※目の付け所が素晴らしいですね。この本に目が行った山田真哉さんも、さすがだな、と思います。継続する事の‘工夫のエッセンス’が、ふんだんに入っています。
  


Posted by makishing at 05:56Comments(4)