2010年02月08日

ストレス解消法は、何がいい?!



本日は、去年10/8の日経新聞の中の記事『買い手のホンネ』より【ストレス解消法】について、要約して書かせて頂きます。



現在の消費者のストレス解消法は、睡眠が圧倒的に多い。他にはストレートで単純な事に集中している事が日経産業地域研究所の調査でわかった。


こうした傾向は若年層や女性で強い。若年層は仕事の負担感、女性は家庭に起因するのが原因で、簡単に不満を解消出来るはけ口を求めている。


ストレスを示す13の項目で、どれかに「よくある」と答えた人は51%に及んだ。理由としては「仕事の負担」が最も多く53%、「家計のやりくりなど経済的要因」が39%、「職場や学校での人間関係」が32%など、続く。「仕事の負担」は20代が62%で1位、30代が61%で2位。女性は家庭関係の悩みが目立つ。


ストレス解消法の1位は「いつもより沢山眠る」(31%)、2位の「沢山食べたり飲んだりする」(21%)を大きく上回った。全ての層で1位となった睡眠に、安らぎを求めているようだ。


20代は、コミュニケーションに関わる事にも、はけ口を見いだしている。女性は、多くの項目で男性より回答率が高かった。中でも、疲労回復系の行為が目立った。




※なんだかんだ言っても“睡眠”って、大切なんですね。私自身は、ストレス解消法・・・・・ビール飲む事に、なりますかね〜(笑)。
  


Posted by makishing at 06:30Comments(6)