2010年02月26日

キム・ヨナ選手に観る“精神力”



バンクーバー冬季オリンピックが、盛り上がっていますね。


皆様、ご存知のように、女子フィギュアスケートのショートプログラムは、キム・ヨナ選手が全てのポイントで他の選手を寄せつけませんでした。


キム・ヨナ選手は、韓国の国内では『国民の妹』という異名をとる程の大人気スターです。CM出演などテレビで見る回数も多く、歌も歌うそうです。


その分、彼女には、今回の五輪の、国民からのプレッシャーも相当大きいものだ、と感じます。


ショートプログラム当日朝の合同練習の模様が映し出された時、ジャンプに失敗し、少し呆然とする姿が、ありました。噂によると、選手村から離れてビジネスホテルで居るとか、風邪をひいているとかの話があったそうですが、定かではありません。


演技の順番は、浅田真央選手の次でしたね。浅田選手が最高のパフォーマンスで高得点を出したにも関わらず、直後の演技で、それを上回りました。


これには、一流スポーツ選手としてのメンタル面が、ずば抜けているのではないかと、思いました。


一流の人には、一流の技術技能に、一流の精神力も兼ね備えているのだと、心から感じました。


次のフリーの演技では、全選手の、力を出し切った内容を楽しみにしています。そして、日本選手に、メダルが輝くよう、祈っております。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 06:41Comments(6)