2010年02月08日

ストレス解消法は、何がいい?!



本日は、去年10/8の日経新聞の中の記事『買い手のホンネ』より【ストレス解消法】について、要約して書かせて頂きます。



現在の消費者のストレス解消法は、睡眠が圧倒的に多い。他にはストレートで単純な事に集中している事が日経産業地域研究所の調査でわかった。


こうした傾向は若年層や女性で強い。若年層は仕事の負担感、女性は家庭に起因するのが原因で、簡単に不満を解消出来るはけ口を求めている。


ストレスを示す13の項目で、どれかに「よくある」と答えた人は51%に及んだ。理由としては「仕事の負担」が最も多く53%、「家計のやりくりなど経済的要因」が39%、「職場や学校での人間関係」が32%など、続く。「仕事の負担」は20代が62%で1位、30代が61%で2位。女性は家庭関係の悩みが目立つ。


ストレス解消法の1位は「いつもより沢山眠る」(31%)、2位の「沢山食べたり飲んだりする」(21%)を大きく上回った。全ての層で1位となった睡眠に、安らぎを求めているようだ。


20代は、コミュニケーションに関わる事にも、はけ口を見いだしている。女性は、多くの項目で男性より回答率が高かった。中でも、疲労回復系の行為が目立った。




※なんだかんだ言っても“睡眠”って、大切なんですね。私自身は、ストレス解消法・・・・・ビール飲む事に、なりますかね〜(笑)。
  


Posted by makishing at 06:30Comments(6)

2010年02月07日

“ペッチャンコの空き缶”



【ペッチャンコの空き缶】

空き缶を、拾ったよ

とっても、ペッチャンコだよ

何日も、ここに居たのかな

誰にも、気づかれなかったのかな

何人の人に、踏みつけられたのかな

もう、大丈夫

ボクがゴミ箱に

連れて行ってあげるよ

生まれ変わったら

立派な商品に

なるんだよ
  


Posted by makishing at 00:20Comments(4)

2010年02月06日

覚えていますか?“電磁波”の事!



先日、異業種交流会などの、外部の会でお世話になっている役員の方が、起業し、代表取締役に就任されたのを年賀状で知り、アポイントを取って、会社に訪問させて頂きました。

しばらくご無沙汰していたのもあり、話は様々な内容で盛り上がりました。

その中で、これまでの急速な世の中の進化と、それに人間が付いていけていないのではないか・・的な話になりました。

その社長さんがおっしゃるには、「最近、疲れている人達を、よく目の当たりにします。何が原因か、わかりますか?」・・・私は即座に答える事が、出来ませんでした。

「それは、電化製品をはじめとする、電子機器から出ている、電磁波なんですよ。特に、パソコンや携帯電話を使用する時間が長くなり、電磁波を沢山浴びた身体が、疲れで悲鳴をあげているのです。」との事でした。

“電磁波”と言う言葉、最近めっきり聞かなくなりましたよね。私は、ちょっと考えさせられました。

その社長さんの夢は、携帯電話の電波が届かないような田舎の地域に電気・ガス・水道を引かないコテージを建て、都会で電磁波を沢山浴びた身体の方々に宿泊してもらい、何もない自然の生活を満喫して、癒やしてあげたいと言う、スケールの大きい、壮大なものでした。

時間経過が、益々加速度を上げる世の中に、一筋の光を投じる話だと思ったのは、私だけでしょうか?!
  


Posted by makishing at 01:16Comments(6)

2010年02月05日

‘自分の耳が’聴いている!



【自分の耳が聴いている】

噂・悪口・中傷に

愚痴・陰口・戯言に至るまで

言わない、聞かない、意見しない

同意・同調、同じこと

マイナス用語を一番早く聞く人は

自分の耳だということを

絶対に忘れちゃ、ダメなんだな
  


Posted by makishing at 01:17Comments(4)

2010年02月04日

【成功の源】



本日は、あるメルマガからです。


成功する源は、日々の反省と諦めない信念です。

反省には二種類あります。

ひとつは「うまくいかなかった時の反省」です。

うまくいかなかったら、どこがまずかったかの分析をしなければなりません。そして、それを改善して、再びチャレンジです。


もうひとつは「うまくいった時の反省」です。

うまくいったら、反省はいらないのでは?という方もいらっしゃるかと思いますが、それを一過性のものにしないためには、やはり必要なことです。何故うまくいったのかを知ることによって、「うまくいかなくなった時」に気づきやすくなるはずです。


そして、それを支えるために何より大事なものは「諦めない信念」です。



トーマス・エジソンは「私は実験において失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光らないという発見をいままでに、二万回してきたのだ。」と言いました。

彼には電球を発明するという「諦めない強い信念」がありました。だからこのような発言ができ、成功を手に入れることができたのだと思います。


なかには最初から諦めているような方もいらっしゃると思います。そんな方は、「うまくいく」「うまくいかない」以前の心構えの問題があります。





※「うまくいった時の反省」は、「うまくいかなくなった時の気づき」になるのですね。どちらに転んでも、反省と対策は、必須科目なんですね。「諦めない信念」は、何をするにしても、持っておく事が、肝要ですね。
  


Posted by makishing at 06:15Comments(4)

2010年02月03日

「シューズよ、あなた達の時代は終わりだ」って、何?!

皆様、突然ですが、MBTと言う靴は、御存知ですか?

この靴メーカーのホームページのキャッチコピーが、表題の内容なんです。

これは、決して、今後一切靴を履く必要がなくなる、と言う事ではないんです。

実は、このMBTと言う靴は、“アフリカの裸足の原住民で、マサイ族の人達には、腰痛の人が一人もいない事”に注目し、研究をした結果、「裸足で地面の不安定な砂漠を歩くと足裏に非常に良い刺激になり、それが腰痛にならない要因である」と、なりました。

MBTは、これを採り入れ、「硬いアスファルト舗装された道路の上を歩くのに、どうしたら良いか」考えました。

そして、考えついたのが“ソール(靴底)を流線型に丸くして、不安定感を持たせた靴”でした。

地面が不安定じゃないので、靴底を不安定に作り応用するという《逆転の発想》は、素晴らしいですね。

なお、この靴については、【MBT】で検索すると、ホームページが直ぐ出て来ます。腰痛の方は、必見ですね!

最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。
  


Posted by makishing at 05:58Comments(6)

2010年02月02日

【捨てて】



今日は、《ほほえみ読本》からです。



【捨てて】

どんな大事な

ものでも

荷物はみんな

捨ててください


自分のからだも

捨てるん

ですよ


〜三途の川の番人のことば〜




いいことは
おかげさま

わるいことは
身から出たさび


(あいだ みつを)





※ひとつのページに、このふたつの詩が載っていました。今日の《ほほえみ読本》は、必死になって、無理をしすぎている人に、贈りたいですね。何か、ホッと出来る感じがします。
  


Posted by makishing at 05:57Comments(2)

2010年02月01日

『自分を見つめる』と『人を許せるか』



今日は、日野原重明さんの《生きかた上手手帳2009》から、2つ紹介致します。



☆川の流れに身を置いている間は、自分がどういう姿で流されているか、よくわかりません。時々は、よどみから岸辺に上がって、川の流れ全体を見ることが大事です。せわしないときでも、しばし休息し、自分を見つめるひとときを持ち、生きかたの作成を練り直すのです。




☆人を許せるか否かは、人間に与えられた試練です。傷つけられたときにこそ、私達は生きかたを試されています。相手を憎んだり、仕返しをしたり、相手が自分の思う通りに変わることを一方的に望むよりも、まず自分がどれだけ人間らしい行動を選択できるか、です。





※この文章を書きながら、自分でハッと、なりました。少し前、考え方の違いで口論になってしまった人がいます。まさに〔自分を見つめ直し、与えられた試練を乗り越え、行動出来るか〕です。
  


Posted by makishing at 06:48Comments(2)