2010年03月06日

“朝”に関する諺



今日は『ことわざハンドブック』から、“朝”に関する諺です。



【朝起千両夜起百両】

意味:早起きして働くのは、夜遅くまで仕事をするより、効率はよいと言うこと。《朝の一時は晩の二時に当たる》である。



【朝駆けの駄賃】

意味:『駄賃』は駄馬で荷を届ける運賃。朝のうちは馬も元気だから少しくらいの荷は苦にしないし、スムーズに運び仕事もはかどるわけである。仕事は午前中に精出すこと。



【朝寝坊の宵っ張り】

意味:朝寝坊は夜ふかしの証拠で、健康にもよくないし、浪費にもつながる。早寝早起きをすすめるたとえ。



【朝飯前のお茶漬け】

意味:茶漬けは簡単な食事なので、これに引っかけて容易にたやすくできる物事のたとえ。また朝飯前に片付く容易な仕事のこと。《お茶の子さいさい》《朝飯前》も同じ意味。






※他にも“朝”に関する諺は、沢山ありました。朝の時間帯が、すごく大切な事が、わかりますね。頭が疲れてなくて、回転が速い時に、静寂の時間を利用すると、良いのでしょうね。
  


Posted by makishing at 06:08Comments(2)