2010年03月25日

‘国立博物館’の秘密

今日は、情報番組からです。国立博物館の内情です。



『4大国立博物館の秘密』



博物館は、儲かるビジネスではないので、沢山の人にきてもらう仕組みを考えるようになった


☆東京国立博物館


収蔵品は日本一

年に3百回以上の展示換えしている

無駄のない必要最低限の仕事

モノをいじりたくないので、最初は紙とにらめっこ

照明を微調整する仕事は、気を使う

どこから当たってるかわからないけど、作品がきれい


☆九州国立博物館


収蔵品が少ない

収蔵品に触れる試みをしている

分析マシンで、X線を当てる

断面を高密度スキャナーで見たり、立体をコピー復元出来る



☆京都国立博物館


ひとけのない建物が文化財保存修理所

元々、古く由緒ある文化財が京都にはあり、その影響で出来た

古文書や木造の物の修復には10年の修業が必要



☆奈良国立博物館


正倉院展は、世界一賑わう展覧会

年に一度虫干しをするために行う

とにかく、仏像がすごい

お寺や神社に新年の挨拶まわりがすごい数

半月は続く

展示している間は、お寺や神社にお金が払われるので、奈良国立博物館とのウィンウィンの関係が築ける






※国立博物館って、様々な創意工夫をしているのですね。「来てもらう仕組み」「綺麗に見せる仕組み」・・・裏側の苦労や努力、勉強しました。
  


Posted by makishing at 06:43Comments(4)