2010年04月03日

“大物っぽい”演技とは?!



ある方が以前、ブログで紹介された面白い本を、読んでいます。

タイトル『しょぼい自分を「大物」に見せる技術』です。

その方曰く「しょぼい人は読まない」との事です。

宝島社、著者は心理学者の方です。

その中で、面白い内容【「大物」っぽい演技のコツ】を紹介致します。



☆大物は仕事も遊びの誘いも安請け合いしない。いつも「予約でいっぱい」なのが大物だ。些末な仕事は堂々と断れ。

☆携帯電話の番号をホイホイ教えているようでは、安っぽい男に思われる。ギリギリまで教えず、「手が届かない男」を演出しろ。

☆大物らしい自信を深めたければ、金を払ってでも褒めてもらえ。いざとなったらキャバクラを利用して、徹底的に褒めさせるのだ。

☆コンプレックスを受け入れろ。自分の弱点を素直に認めたとき、真の大物オーラが漂うようになる。

☆神経質なところを人に見せるな。細かいことなど気にもとめず、豪快でスケールのでかい自分を演出しろ。

☆仕事よりも休みを優先しろ。自分のキャパシティを知れ。そして常に余力を持って仕事をし、決して自分の「底」を見せるな。

☆どでかい失敗を演じて「こいつは将来大物になるぞ」と予感させろ。

☆口で言うのが苦手なら、手紙やメールで伝えろ。文書にはパワーがある。

☆どんなに悪いことが続いても「こんなこともある」と割り切れ。実際、統計的に見ても、大きなトラブルほど続いて起こるものなのだ。





※如何でしょうか?面白いと思います。全てが、その通りとは思えないところはありますが、当たらずしも、遠からず・・・と、私なんかは思ってしまいます。
  


Posted by makishing at 06:57Comments(6)