2010年04月05日

現代に生きる‘功績’




今年の1月18日に、去年10月10日の日経新聞に掲載された『ノーベル賞、なぜ注目されるの?』の中の《ノーベル賞の歴史》を掲載致しました。

今日は、その中の《現代に生きる功績》を紹介致します。



◇生活に役立っている功績

☆レントゲン(物理学賞)「X線の発見」・・・レントゲン技術

☆タウンズ(物理学賞)「メーザー、レーザー発振装置の発明と研究」・・・CD、DVDなど

☆白川英樹(化学賞)「導電性高分子の発見と発展」・・・タッチパネルなど

☆アインシュタイン(物理学賞)「光電効果の法則の発見」・・・太陽電池など



◇受賞した偉人たち


◎個人で複数回受賞した人・・・マリー・キュリー(物理学賞1903年、化学賞1911年)フランス、ポーリング(化学賞1954年、平和賞1962年)米国

◎最高齢受賞者・・・90歳 レオニード・ハーウィッツ(米国/経済学賞、2007年)

◎最年少受賞者・・・25歳 ローレンス・ブラッグ(米国/物理学賞、1915年)



◇あの人も候補だった


☆北里柴三郎(生理学・医学賞)・・・血清療法を考案。第1回の最終選考に残るが、ドイツ人共同研究者のみ受賞

☆野口英世(生理学・医学賞)・・・細菌学者。第一次世界大戦で受賞者なしが続いた時期と重なるなどの不運

☆賀川豊彦(文学賞)・・・社会運動家。1947、48年に続けて候補に挙がるも落選


(注)ノーベル財団などの資料を基に作成、敬称略






※ノーベル賞受賞者の方々と、現代の生活に役立っている製品と、直接結びつける事、皆様は出来ますか?私は、なかなか・・わかりませんでした。
  


Posted by makishing at 00:25Comments(4)