2010年04月19日

【エッセイ】の正確な意味ってなに?!



先日、家の中をゴソゴソしていたら、昔、学校で使用していた、国語や社会(歴史)で、教科書と併用して使う《新修国語総覧》という書籍が出てきました。


その中の、近代文学の近代文芸用語解説のページに、沢山の用語がありましたが、一番に目に飛び込んで来たのが‘エッセイ’でした。


知っているようで、ちゃんとした意味を、私は知らなかったので、書かせて頂きます。




【エッセイ】

essay(英)。随筆・小論文。フランス語の動詞「essayer(エッセィエ)=試みる」に由来する。文芸的なものを随筆といい、論文的なものを小論文・試論と訳すのが普通で、随感・随想・漫録などの呼称もある。構成や表現に一定のきまりのない自由な散文。(エッセイと随筆は別で、随筆はエッセイを含み、エッセイの方が思索的であるとする向きもある。)日本では「枕草子」、西欧ではモンテーニュの「随想録」をその初めとする。近代日本では、徳富廬花・中勘助・寺田寅彦・中谷宇吉郎・新村出・辰野隆・森田たま・幸田文などにすぐれた作品がある。




如何でしたでしょうか?フランス語の動詞“試みる”が語源だったんですね。私は全然知りませんでした。
  


Posted by makishing at 06:41Comments(2)