2010年06月13日

‘B級雑学クイズ’Q1〜Q3の答え




昨日の『ウルトラB級!雑学検定』、Q1〜Q3の答えです。



A1.76歳
最年長だったのは、堀部弥兵衛。1999年のNHK大河ドラマ「元禄撩乱」では牟田梯三が演じている。
赤穂浪士は全員で47人おり、最年少は大石内蔵助の息子、大石主税で15歳、元服を終えた直後だった。これに次ぐ若さだったのは、矢頭教兼の17歳。


A2.力士
日本相撲協会の細則には「十両以上の力士はマゲを結わなくてはならない」とある。
昭和30年代には、マゲが結えないくらい髪が薄くなり、引退に追い込まれた横綱が実際にいた。その力士は引退後も、相撲部屋の稽古では非常に強かったという。


A3.平賀源内
平賀源内は、江戸時代の代表的発明家で、ライターも発明していた。楕円形をしており、ちょうど手のひらに収まるサイズ。火打石にばね仕掛けの衝撃子をぶつけ、火花でモグサに点火するしくみだった。
一説によると、かの坂本竜馬もこのライターを愛用していたという。





※如何でしたでしょうか?私は、全く知りませんでした。
  


Posted by makishing at 02:07Comments(2)