2010年09月30日

物忘れが増えたら要注意!



今日は、《読売ライフ》という冊子の8月号より『物忘れが増えたら要注意』(要約と一部削除)を紹介致します。




▽歳のせいではない物忘れ

厚生労働省がまとめたデータによると、2005年時点で『物忘れが進行してしまった方』は、約169万人。さらなる高齢化で、2020年には300万人近くまで増加すると予測されている。

しかし、いくつになっても頭脳明晰でかくしゃくとしている方もいる。この違いは意外な事実が明らかになった。

『人間の脳細胞は年齢とともに減少し、再生しない』と、100年にわたり信じられてきた定説が覆された。1998年、ソーク生物学研究所(米国)とサールグレンスカ大学(スウェーデン)の研究チームは、学習に関わる脳細胞が大人の脳内で新たに作られていることを確認。また、大阪大学とコーネル大学(米国)の共同チームは、脳細胞に必要な栄養を与えることで脳細胞の増殖・分裂に成功した。つまり、衰えてしまった脳にも希望が出てきたということ。



▽第七の栄養素『核酸』

そこで、注目されている成分が核酸。栄養学でも炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維に次いで第7の栄養素として見直されている。

核酸は、細胞が生まれ変わる時に必要な成分で、元々私たち人間の体内で生成される。しかし、年齢と共に能力が衰えるため、食べ物から核酸を摂取する必要がある。

普段、口にしている肉・魚・野菜などの細胞内には核酸が含まれているが微量。1日に必要な2〜3グラムを摂取する必要がある。





※最後の数行は、核酸主成分の健康食品の宣伝だった為、省きますが、核酸摂取を意識して、バランスの取れた食生活が、必要ですね。そして、脳が衰えても、希望が見えてきましたね。
  


Posted by makishing at 06:23Comments(4)