2010年10月23日

『眠りかたを変えてみる』




今日は、日野原重明さんの『生きかた上手手帳2009』より“自分のからだは自分で管理する”の中の「眠りかたを変えてみる」を、御紹介致します。




「眠りかたを変えてみる」


眠るとき、たいていの人は仰向けに横たわります。けれども哺乳動物の多くは眠るとき腹臥位(ふくがい・うつぶせの体位)の姿勢をとるように、ヒトの内臓も腹臥位にあるほうが働きやすいのです。そのことに気がつき、私自身、約10年前から仰向けで寝ることに疑問を抱き、自ら腹臥位で寝る実験をしてきました。患者さんにもすすめてきたところ、いびきが改善したり、肩こりが緩和したり、眠りが深くなったという声が上がってきています。まだ研究途中ですが、眠れない、寝つきにくいという方は試してみて下さい。





※うつ伏せの格好で寝るほうが良いと、私も聞いた事、あります。赤ちゃんが、首が座るまでが、うつ伏せ寝かしをしていますね。

しかし、今は皆様、どうでしょうか。やっぱり仰向けで、寝ていませんか?
  


Posted by makishing at 06:25Comments(2)