2010年11月05日

バスのこと・・いろいろ




今日は『OSAKAバスエコキャンペーン改めバスdeおトクなキャンペーン』のチラシ(NPO法人大阪府民環境会議、社団法人大阪バス協会、各バス事業者)より、「夢がいっぱい!未来のバス」の部分を、子供向け言葉を直して、紹介致します。




ご存知ですか?私たちを乗せて、街のいろんな所に連れて行ってくれる、身近な公共交通のバスのこと。

バスの語源は、ラテン語の「オムニブス」という言葉なんです。もともとは「何の御用にでも役立つ」という意味で、フランスの乗合馬車発着所になっていた雑貨屋の看板に書かれていたことにちなみます。

今でも、バスは暮らしに欠かせない移動手段として、また、街づくりや地球温暖化の防止など、いろんなことに役立っていますね。

そのバスは、時代に合わせてどんどん形を変えて進化しているんです。最初は馬車バス、それから蒸気バスに、軽油。そして未来に向けて、地球にやさしい電気で走るバスが登場しています。

さあ、みんなでバスに乗りましょう!夢がいっぱいの未来のバスに!





※バスの語源や、呼ばれるようになったきっかけ・・・知っていましたか?!「オムニブス」は、英語の「オムニバス」だと、思います。知らずに40年以上、乗せてもらっていました〜。バスに携わる方々は、みんなご存知なのでしょうか?
  


Posted by makishing at 06:39Comments(7)