2010年11月10日

日本人の血液型の割合




今日は、たまたま先日コンビニで手にした本『統計で明かす真実』(副題:あなたは間違った思い込みで生きていないか?・・・雑学活脳研究会著)より、《日本人の血液型の割合》を紹介致します。




◇国や民族によって血液型の割合は異なる!


A型38.2%
O型30.5%
B型21.9%
AB型9.4%


上の数字は『遺伝血清学』(学会出版センター)という本に掲載された日本人のABO式血液型の割合である(被検査数約30万人)。これが根拠となって一般に日本人の血液型は「A型4:O型3:B型2:AB型1」といわれていると考えられる。

ABO式血液型の割合は世界的に見ると国や民族によってずいぶん異なり、民族の文化(民族性)に関係があるといわれている。日本はA型が最多の国だが、世界にはオーストラリア、アメリカ、イギリス、イタリア、中国などO型が最多の国のほうが多く、アメリカのインディアンは全体の73.8%がO型というデータもある。また、B型が最多の国は少ないが、インド人は全体の41.2%をB型が占めている(データは『カラー生物百科』平凡社・『血液型の話』岩波新書などによる)。



耳寄り→1クラスに40人いる場合、A型が16人、O型が12人、B型が8人、AB型が4人というのが日本の平均的な学級構成だ。





※面白い本を見つけてしまって、また買ってしまいました。

血液型については、詳しい方は、お見えだと思います。

ただ、外国の人について、私は知識が乏しかったです。

この論法だと、全世界的には、O型が一番多いことになりますね。

ちなみに、私は・・・B型ですよ。「やっぱり!」とか「えーホントに?!」とか、色々聞こえて来そうですね〜。
  


Posted by makishing at 06:36Comments(2)

2010年11月09日

すべて“人間のしわざ”


【人間の“仕業”】



生きていこうとするのは・・・・・人間


食べていくのは・・・・・人間


健康で居たいのは・・・・・人間




・・・なのに、なぜだ!




防腐剤ふりかける


着色剤つける


添加剤入れる




これをしているのも・・・‘同じ’人間




人間よ!・・・・・いったい何をしたいのだ
  


Posted by makishing at 06:41Comments(4)

2010年11月08日

“かな”の成立




今日は、たまたま手にした昔の教科書『新修国語総覧』から《かなと国語の変遷》の「かなの成立」を紹介致します。



中国から漢字が伝来するまでは、わが国には文字がなかった。したがって、たいせつな事がらは多くの語り部の口伝えによって伝えられた。近世の国学者の中には、漢字伝来以前に「神代文字」というわが国固有の文字があったと唱える者(平田篤胤ら)もあったが、根拠がなく、音韻の面からも後世の偽作であろうと考えられている。


応神天皇の16年(285)に、百済から帰化して王仁が、「論語」10巻・「千字文」1巻をもたらしたと言われる。おそらくこのあたりから、漢字が渡来しはじめたのであろう。4世紀の後半には、朝廷や帰化人の間では漢字が用いられるようになり、日本語(やまとことば)を漢字で表記する必要が生じて、万葉仮名と呼ぶ特異な表記法が生まれた。ついでに平安朝初期には、それを簡略にしたひらがな・カタカナが派生した。


「かな」という語は「仮り名」の音便「かんな」の約であると言う。「かな」と言えば、広義には、万葉仮名・ひらがな・カタカナの三種を合わせてさし、狭義にはひらがなとカタカナをさす。





※「漢字が伝来するまでは、口伝え」というのは、ちょっとした驚きですね。
〈かな=仮の名・・・一時的なモノ〉の略なんですね。
昔使っていた教科書から、30年近く後に、こんな形で学ばせて頂くとは・・・なんとも不思議です!
  


Posted by makishing at 05:31Comments(0)

2010年11月07日

宝石は、どうやって出来る?!




今日は、息子のノート『ジャポニカ学習帳』の見開きの「学習百科なぜ?なに?」の《宝石はどうやってできるの?》からです(子供用にひらがなを多用してあるものを漢字を入れる)。




宝石は、とても美しく、硬くて取れる量が少ない鉱物です。宝石の元となる石(原石という)は、ほとんどが地面の下の、とても深い所で作られます。



●宝石の出来るまで(ダイヤモンドの場合)


1.地面から100キロメートル以上も下の、マントルと呼ばれる深い所で、高い温度と、大きな力によって、宝石の元になる物質が一点にギュッと押し固められる。これが、原石。


2.マントルで作られた原石が火山の噴火によって、溶けた岩石と一緒に、地面の近くまで一気に押し上げられる。


3.冷えて固まった岩石の中から、原石が掘り出される。原石は、人の手によって削られたり、磨かれたりして、美しい宝石になる。




※小学生が使うノートの中に、このような事、書かれているのですね。とても、勉強になります。やはり、何からでも勉強に、なるんですね。
  


Posted by makishing at 00:23Comments(4)

2010年11月06日

《中学生でも持てるプロ意識》




今日は、奥村幸治氏の著書『夢を夢で終わらせたくない』(出版:NPO法人ベースボールスピリッツ)の中より《2.中学生でも持てるプロ意識》を、御紹介致します。





《2.中学生でも持てるプロ意識》



春、夏の甲子園期間中は選手を連れて甲子園に試合を見に行きます。そこで選手にはよく「打ったとか打たないとか、ボールが速いとか、そういうことじゃなく、選手の意識を感じろ」と言います。一つ一つの動きからその選手が何を考えて打席に立っているのか、守っているのか、塁に立っているのか、そういうところに意識を向けなさい、ということです。このあたりはテレビではなく、スタンドから見てこそわかる部分です。

能力の違いは簡単に埋まるものではありません。年齢も体格も違えばなおのことです。でも、意識の差はその気になればその瞬間から詰めていくことができます。だから僕は中学生だからといって選手に中学生の野球をさせているつもりもありません。

技術的なことを急ぎすぎるとマイナスになることも少なくありませんが、意識については高いレベルで持ってもマイナスにはなりません。中学生でも高い意識さえ持っていれば、高校生や大人と同じ考え方も出来るし、逆に何も考えずに行動していれば外見は中学生でも中身は小学生でしかない選手もたくさんいます。プロの中にも中学生の考え方しかできない人もいると思います。

こういう意識で選手を指導していけば、入団時にはこちらが一つ一つ指示しても動けなかった選手が、3年になる頃には、一つ指示を出せば先の先まで動けるようになっていきます。また、こちらが指示を出す前に自分から動けるようにもなっていきます。そうして意識が育っていけば、技術もまた上がっていく。これは間違いないことです。





※技術は、時期尚早だとしても、意識は、早いという事は、ないのですね。子供を躾という形で教育する部分と、全く同じですね。
  


Posted by makishing at 00:08Comments(2)

2010年11月05日

バスのこと・・いろいろ




今日は『OSAKAバスエコキャンペーン改めバスdeおトクなキャンペーン』のチラシ(NPO法人大阪府民環境会議、社団法人大阪バス協会、各バス事業者)より、「夢がいっぱい!未来のバス」の部分を、子供向け言葉を直して、紹介致します。




ご存知ですか?私たちを乗せて、街のいろんな所に連れて行ってくれる、身近な公共交通のバスのこと。

バスの語源は、ラテン語の「オムニブス」という言葉なんです。もともとは「何の御用にでも役立つ」という意味で、フランスの乗合馬車発着所になっていた雑貨屋の看板に書かれていたことにちなみます。

今でも、バスは暮らしに欠かせない移動手段として、また、街づくりや地球温暖化の防止など、いろんなことに役立っていますね。

そのバスは、時代に合わせてどんどん形を変えて進化しているんです。最初は馬車バス、それから蒸気バスに、軽油。そして未来に向けて、地球にやさしい電気で走るバスが登場しています。

さあ、みんなでバスに乗りましょう!夢がいっぱいの未来のバスに!





※バスの語源や、呼ばれるようになったきっかけ・・・知っていましたか?!「オムニブス」は、英語の「オムニバス」だと、思います。知らずに40年以上、乗せてもらっていました〜。バスに携わる方々は、みんなご存知なのでしょうか?
  


Posted by makishing at 06:39Comments(7)

2010年11月04日

“目標設定”は難しい?




今日は、6月30日に紹介致しました『達成力を高める5つのステップ』より〔目標設定は難しい?〕を紹介致します。



〜 障害を取り除く 〜


☆成功したいのは、みんな同じです。でも5%しか・・・

「あなたは成功したいですか?」と聞けば、ほぼ全員が「はい」と答えるでしょう。しかしながら、「では、そのための具体的な目標やプランはありますか」と聞くと、約5%の人しか「はい」と答えられません。全員が成功を望んでいながら、なぜ成功のための目標を設定しないのでしょうか。



*人が目標設定しない3つの理由*

1.気づきの機会の不足・・・目標設定の重要性に気づいていない。
2.情報の不足・・・良い目標設定の方法が分からない。
3.消極思考・・・失敗に対する恐れがある。




☆この3つを克服した時、目標設定という成功への第一歩を踏み出すことができるのです。

この3つの障害を克服し、自分の目標を立てられた時、具体的な行動計画が明確になり、自分の理想の状態に向かうことができるようになります。そのためには、目標達成のための技術・知識・観点をきちんと学び、習慣化させることが重要です。





※「重要性に気づき」「良い設定方法を編み出して」「失敗を怖れない」・・・目標を掲げ、実践実行していく事、本当に思い切った踏み出しが要りますね。様々な支援プログラムがありますが、決めてやるのは“自分自身”なんですね。私も、もう一度、具体化して練り直します。
  


Posted by makishing at 00:30Comments(0)

2010年11月03日

〔ワールド・カフェ〕って、なに?!




今日は、外部の交流会でお知り合いになれた方から頂いた「ワールド・カフェの勉強会」のお誘いより、全然知らなかった私が、意味と内容を調べました。ネットからの要約で、紹介致します。





◆ワールド・カフェとは?

「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考え方に基づいた話し合いの手法です。



◆ワールド・カフェの提唱者

企業やNPOで戦略的ダイアログの推進やコミュニティーの構築支援を行っているアニータ・ブラウン氏とデイビッド・アイザックス氏によって、1995年に開発・提唱されました。現在、思想、方法論は世界中に普及し、様々な分野で活用が進んでいます。



◆ワールド・カフェが求められる背景

世界の高速化に伴い、環境変化は激化し、複雑性は増してきました。この状況下で、組織が難題を乗り越えるため、組織に所属する人々の集合的知恵が、より求められるようになってきています。話し合いの中から良いアイデアが浮かんだり発見するのは、リラックスした場所ではないかと思います。そうした場所でオープンに本音を語り、初めて会う人も気軽に話せるので、カフェはそういったインフォーマルな場の象徴と言えます。



◆ワールド・カフェを織り成す7つの原理

1.コンテクスト(注)を設定する
2.もてなしの空間を創造する
3.大切な質問を探求する
4.全員の貢献を促す
5.多様な視点を他花受粉させて、つなげる
6.パターン、洞察、より深い質問に共に耳を傾ける
7.集合的発見を収穫し共有する



◆ワールド・カフェの特徴

ワールド・カフェは、比較的多人数の集まりで、設定したテーマに関して、ダイナミックで協働的な話し合いの場を作り出すのに効果的です。テーブル毎に机上の模造紙に自由にメモを描きながら、20〜30分程度、話し合いを行い、メンバーを替えて3回やり、出たアイデアが他花受粉するイメージでテーマに対するコンテクストが短時間で深まり、盛り上がる効果があります。



(注)コンテクスト・・・日本語で『文脈』『前後関係』『背景』。コミュニケーションの場で使用される言葉や表現を定義づける背景や状況そのもの。





※1995年からの‘斬新な考え方’なのですね。確かに、素晴らしいアイデアは、リラックスした場所で生まれるのですね。〔飲み食いしながら〕の討議・討論を、改めて見直したいですね。
  


Posted by makishing at 01:33Comments(2)

2010年11月02日

〔近江商人〕とは?!




今日は、今年4月に勉強会で頂いた資料より、近江商人について、紹介致します。




明治維新前、滋賀県は「近江」と呼ばれていた。この近江から全国各地に出かけ、商品を売り買いし、確実に実績を伸ばした商人達を「近江商人」と呼ぶ。近江国内での「地商い商人」は近江商人とは言わない。


近江商人でも、発祥地の土地柄によって活躍を始めた時期、取扱商品の種類も異なり、それぞれ独自の商法を確立した。高島、八幡、日野、湖東というように出身地によって細分化される。




▽高島商人

近江商人の中でも最も早い時期から活躍した。琵琶湖西岸の高島市地方の商人。

東北地方で大きな勢力を持つようになった。小野組と称した小野一族は明治新政府の公金出納に関わる有力な金融業となり、生糸貿易、製糸業、鉱山業など多方面で新政府の経済基盤を支えた。

百貨店の高島屋は南新保村(現高島市)出身の飯田儀兵衛の婿養子新七が分家したことが店のルーツ。


▽八幡商人

現在の近江八幡市を中心とした地域から生まれた。

約400年前、徳川家康の江戸のまちづくりに大きく貢献したことから、東京日本橋の掘留付近の一等地を与えられた。現在も日本橋付近に「近江屋」という商店が多く見られるのは、このような背景がある。

総合寝具の西川産業の西川甚五郎、北海道の漁場開発に貢献した西川伝右衛門、安南(現ベトナム)貿易に雄飛した西村太郎右衛門などが八幡商人。


▽日野商人

城下町日野から生まれた商人。

日野椀や売薬を主な商品として関東や東北へ販路を拡げた。酒、味噌、醤油の醸造業などで経営基盤を固めた。


▽湖東商人

東近江市(旧五個荘町、湖東町)や東郷町などから生まれた商人。

江戸時代後期に活躍した商人が多く、明治新政府の近代的な経済、産業基盤の形成に大きく貢献した。とくに繊維産業の基盤は湖東商人によって築かれたともいえる。

「市田」「ツカモト」「外与(とのよ)」「チョーギン」「ツカキ」など、京都、大阪、東京に支店網を展開している。「伊藤忠商事」「丸紅」の祖である伊藤忠兵衛は東郷町出身である。





※この内容について、ハッとしました。近江商人の4つの種類は、当然納得でしたが、元々の根本が間違っていました。

つまり〈近江地区土着の商人=近江商人ではない〉を、全く知りませんでした。近江発祥で、近江以外の全国各地で活躍した商人なのですね。
  


Posted by makishing at 06:03Comments(2)

2010年11月01日

「WHY?」と、きけるか?





《WHY?と、きけるか?》



営業活動していて・・・


初めて逢った人に・・・


すぐ「要らない」と、言われた‘あなた’




・・・どうしますか?・・・どうしていますか?


体裁のいいこと、返してませんか?


「また、何か、ありましたら」なんて、言っていませんか?


「また、改めて連絡します」なんて、言っていませんか?




“また何か”や“改める”は、ないんですよ


その前に、大切な、ひとこと・・・ないですか?




それが、「なぜですか?」、「どうしてですか?」。


もっと、簡単な、ひとことは・・・


「・・・と、申しますと?」。


かっこつけずに


思い切って


きいてしまおう!


そこから、活路は見えてくる
  


Posted by makishing at 00:28Comments(10)