2010年12月11日

“どん兵衛戦争”和解へ




今日は、11月23日の読売新聞より、社会欄『うどん屋「どん兵衛」改名』を紹介致します。




《うどん屋「どん兵衛」改名》カップめんの日清と和解


カップうどん「日清のどん兵衛」などを販売する日清食品(大阪市)と持ち株会社の日清食品ホールディングス(同)が、中国・東海地方などで店舗展開するうどんチェーン「どん兵衛」(山口県萩市)に対し、名称の使用差し止めと約1億1000万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、22日、法人のどん兵衛側が社名を変更し、店名を「安兵衛」か「萩之家」に変えることなどを条件に和解した。

法人のどん兵衛側は「悪意はなかったが、迷惑をかけたのは事実。心機一転、再出発したい」としている。新しい店名は、山口県内に以前あった別の飲食店の名前や、本社所在地にちなんだという。社名は来年3月末までに決める。

訴状などによると、「日清のどん兵衛」は1976年に販売開始。うどんや丼の「どん」と、人名に使われる「兵衛」から名付けられた。一方、法人のどん兵衛は約20年前から社名と店名にこの名称を使い、現在は約20店舗を営業する。

日清食品側は「ブランドイメージのただ乗りだ」として、7月に提訴。法人のどん兵衛側は「独自に考えた」と反論していた。

日清食品の話「今後もブランドイメージの維持、向上に努めたい」





※このような‘どん兵衛戦争’が、あったのですね。記事を読んで、驚きました。ケンカ両成敗と言います。私は、これからも、両者に頑張ってもらいたいです。
  


Posted by makishing at 04:39Comments(0)