2010年12月14日

パパイヤ鈴木氏の恩師の言葉



先日、たまたま付けたテレビのコーナーで、パパイヤ鈴木氏が出ていました。


彼の小学校時代の恩師の事、話されていました。


小学生にしては、深すぎる“心に生き続ける言葉”が2つ、あるそうです。その2つは、次の言葉です。




☆『私は、えこひいきをする、先生です』

意味:その先生が担任を任されたクラスでの第一声だと、おっしゃっていました。例えば、普段引っ込み思案で、声の小さい生徒と、普段から活発で、声の大きい生徒がいた場合、後者の生徒が、大きな声で発言しても何も言わないが、前者の生徒がそうした場合、手放しで褒めまくる、そんな意味です。



☆『学校は、勉強する所ではなく、勉強方法を学ぶ所です』

意味:したがって、勉強の方法を学んだら、それを元に、家で勉強をして下さいよ、そんな意味です。教室=自習室ではない、そう解釈しました。なぜか、妙に説得力のある言葉です。





※パパイヤ鈴木さんが、お話になる表情も、素敵でした。そして、何気に見ていた私を、この2つの言葉が引き込ませてくれました。皆様は、如何でしたでしょうか?
  


Posted by makishing at 00:24Comments(2)