2010年12月22日

『僕はどんどん良くなっている』

今日は、『ハッピーになろうよ』(副題:あなたを励ます「いい言葉」)より《僕はどんどん良くなっている》を紹介致します。



《僕はどんどん良くなっている》


ベストセラーになった『十二番目の天使』(オグ・マンディーノ著)をこの前再読しました。

感動、そして感涙。

この物語の中に、ティモシーという子が出てきます。

ティモシーは、野球は下手ですが、いつも精一杯のプレーをし、常に他の子供たちを励ましている笑顔の少年です。

「毎日、毎日、あらゆる面で、僕はどんどん良くなっているんです」

ティモシーからこの言葉を聞いたとき、監督のハーディングは驚きました。

それは、ビジネスマンとして出世街道を歩み始めた頃、彼の人生によい影響を与えた一冊の本に載っていた言葉だったからです。

物語の中で、この言葉について次のような説明がしてあります。



その本はフランスの心理療法学者、エミール・クーエ(1857〜1926年)が書いた『意識的自己暗示による自己支配』(C・H・ブルックスと共著)。

その本の中で、クーエは、「心身双方の病気のほとんどは、ポジティブな自己暗示によってきれいに取り除ける」と書いていました。

彼の説は、多くの人に受け入れられることになります。繰り返し言い続けるポジティブな言葉によって、心身の病気を含む、人生のあらゆる問題を解決できると多くの人が信じたのです。

その主張を裏付けるうえで、最も大きな役割を果たしたのが、「毎日、毎日、あらゆる面で、僕はどんどん良くなっている」というフレーズでした。

「毎日、毎日、あらゆる面で、私はどんどん良くなっている」実は、ハーディング自身も、若い頃、繰り返し言い続けた言葉だったのです。




『十二番目の天使』では、この言葉を繰り返し、健気(なにげ)にも常に前向きに精一杯生きるティモシー少年が、実にさわやかです。



妻子を失った絶望から自殺しようとしていたハーディングでなくても、このティモシー少年の生き方から、私達も多くのことを学べると思います。




心が清められるような涙を流してくださいね。





※如何でしたでしょうか?

ティモシー少年のような、真っすぐな生き方、素晴らしいですね。

脳は単純に出来ていて、言葉にしていたら、それをそのまんま‘鵜呑み’に、するのですね。

だから、思った事が、実現するのですね。
  


Posted by makishing at 06:59Comments(4)