2011年01月13日

‘美味しく楽しく健康維持’企業




今日は、1月9日読売新聞の《未来型企業》より『美味しく楽しく健康維持』を御紹介致します。




?フレンテ・インターナショナルは、昭和29年創業の菓子メーカー、?湖池屋のグループ企業。

創業時は、おつまみの製造を行っていた同社。創業者の小池和夫氏が、仕事仲間と飲みに行ったお店で食べた、アメリカのポテトチップスのおいしさに感激し、「是非これを多くの人に広めたい」と商品化を開始。原料・生産方法・味付けなどあらゆる方向で研究を重ね、日本で初めてポテトチップスの量産化に成功した。

以後、他社にはない独創的な商品を開発。「カラムーチョ」や「スコーン」「ポリンキー」などの人気商品を次々と生み出していった。

平成7年には、未来型商品の開発を目的に、?フレンテ・インターナショナルを設立。第一弾商品のフルーツミントタブレット「ピンキー」は、愛らしいキャラクターと共に大ヒット。「スーパークリッシュ」開発後には、悩みを抱える顧客一人一人の要望に応えたいと、通信販売を開始した。

近年は、アジアやヨーロッパ市場への進出を積極的に進めるなど、創業50余年を経た今も新たな挑戦を続けている。





※湖池屋さんは、普段から、とてもお世話になっております。

ただ、湖池屋さんは、湖池屋さんであって、どこかのグループ企業だとかは、全く知りませんでした。

CMなどでも解るように、とても面白い商品が多いと、普段から思っていました。ドンタコスやカラムーチョは、ビールのお供に最高です。
  


Posted by makishing at 06:06Comments(2)