2011年03月02日

“ぶつからない”車?!




今日は、日刊自動車新聞、2月25日の広告面より『ぶつからないクルマ?』です。




『ぶつからないクルマ?』

クルマの安全技術では、事故が起きたときの被害を軽減することに重点が置かれてきました。でも、事故そのものを防げば、相手のクルマや歩行者も守ることができるはず。

その想いからスバルが20年かけて実現したのが、「ぶつからない技術」アイサイト(ver2)。ステレオカメラの画像認識で、前方を立体的にとらえ、危険を察知するとブレーキをかけて追突回避もしくは被害軽減をはかるシステムです。乗員を守る安全から、すべての人を守る安全へ。クルマは、ここまできました。


前方のクルマや人を監視し、危険を察知する自動ブレーキで停止。



ぶつからない技術 アイサイト (ver2)



新型レガシィで体験してください。






※自動車は、ここまできました。数週間前に、テレビ情報番組でも、これを特集していました。

スバルは、業界最下位の業績です。しかし、働く従業員さん達が、意欲・希望・こだわりを持って、やっておられる、との事でした。

素晴らしい事です。‘売りに走り過ぎている企業’は、見習うべき所かと思うのは、私だけでしょうか?
  


Posted by makishing at 05:54Comments(2)