2011年05月07日

【春】



今日は、東京書籍の教科書『新しい国語四年上』の、見開きの詩からです。



【春】

間所ひさこ


山が雪ふるって
せいのびすると
ほッ
春だ。


山ひだの
やわらかなかげをみてごらん。
「おうい」と
よんでみたくなる




梅がさいた。
こぶしがさいた。
いぬふぐり。
なのはな。


春がとけて
ほどけて、
ここらあたりのけしきを
やさしい色にぬっていく。




※小学校の国語の教科書に掲載されている詩。なんか、ほっこりした気持ちや、心が洗われる気持ちになるのは、私だけでしょうか。
  


Posted by makishing at 00:20Comments(2)