2011年07月11日

ビールを学べる“大学”?!



今日は、読売新聞6月27日の中の『家計の知恵』より《お役立ちサイト術》を紹介致します。




〔キリンビール大学〕
ビールを学べる8学部



ビールに関する知識を幅広く学べるサイト。内容別に8つの「学部」に分かれている。キリンビールが2001年7月に開設した。

「学部」ごとに読みやすさを工夫しており、例えば「食学部」は、イラスト付きのおつまみ料理レシピのページを絵本をめくるように見ることができる。

「醸造学部」では、漫画でビールの製造過程などを詳しく説明している。

このほか、マナー講座のページでは、お酒の席のほか、和食、洋食、中華料理を食べる時の作法もそれぞれ解説している。




◇ほかにはこんな「学部」も


・比較文化学部→「家飲み」と「外飲み」、「びん」と「缶」などの好みをアンケートで比較

・健康学部→二日酔いになる理由など飲酒と健康の関係を説明

・史学部→古代エジプトや中世ヨーロッパなどのビールの歴史を学ぶ

・社会学部→東京都内の繁華街を中心とした飲食店訪問記

・芸術学部→過去のキリンビールのラベルやポスター、缶のデザインなどを振り返る

・文化人類学部→食やビールにまつわる文化人類学者の考察






※ビール好きの私にとっては、天国のような大学ですね!

常に‘試飲’が付いて回るなんてことがあったら、最高です。
  


Posted by makishing at 01:52Comments(2)

2011年07月10日

‘日曜日のビジネス街’



【日曜日のビジネス街】



静まり返った
都会の雑踏


街ゆく人影
まばらな景色


明日からの戦争を
待つ街並み


時間軸が違うと
こんなにも、違うのか


曜日軸が違うと
こんなにも、違うのか


ただ・・・なんともいえないこの情景


「あしたも、がんばろう!」そんなエールを、包み込まれているようで


いま、ここにいる私の感覚は




いやでは・・・ない
  


Posted by makishing at 05:11Comments(2)

2011年07月09日

花を贈る時のマナー





今日は、『常識脳をつくるドリル』より《花を贈るときのマナー》を、紹介致します。





花を贈るときのマナーとして、正しいものに○、間違っているものに×をつけましょう。





1番→ 病気のお見舞いにツバキの花を贈った。

2番→ 入院中の人のお見舞いにシクラメンの鉢植えを贈った。

3番→ 告別式に、赤や黄色の花で作った花束を贈った。

4番→ 命日にパステルカラーの花が入った花束を贈った。

5番→ 法事の当日ではなく、数日前に届くように、花束を贈った。






☆答え

1.×
2.×(花が落ちるツバキや鉢花は病気見舞いとしてタブー)
3.×
4.○
5.○






※如何でしたか?今回は、簡単でしたか!私自身は「3番がダメで4番はOK」この境目は、勉強になりました。

最近は、入院中の方にお花を贈る行為自体を自粛要請している病院も、少なくないです。

これからもドンドン、常識脳を、つくっていきたいと思います。
  


Posted by makishing at 06:05Comments(2)

2011年07月08日

【成長のピリオド】




【成長のピリオド】



生まれてきてから


たくさん学ぶ




勝手に身につくこと

誰かから教わること

誰かを真似ること




そして、時間の経過で


ヒトが人になり、人間になる




成長は、続く


完成された、その終着地(ピリオド)は





一生を終える時かも、しれない
  


Posted by makishing at 04:29Comments(2)

2011年07月07日

世界に役立つ日本の発明



今日は、たまたま家に置いてあった、進研ゼミ小学講座『チャレンジ5年生、未来!発見ブック』より《省エネ小型化で世界に役立つ日本の発明!》を紹介致します(小学生向けの言葉を普通に直しています)。




☆20世紀中には実現不可能と思われていた!青色発光ダイオード

発明年:1993年
発明者:中村修二


〔2015年には1兆円市場!〕

発光ダイオード(LED)は、白熱電球や蛍光灯よりも消費電力が少なく寿命も長いので、次世代の照明として注目されている。2015年には日本国内で1兆円市場に成長すると言われている。

◎信号機の寿命は、電球式だと約半年〜1年、LED式なら約6〜8年。消費電力もLED式なら約6分の1になる。




☆史上最強の磁石!ネオジム磁石

発明年:1982年
発明者:佐川眞人


〔携帯電話の小型化はネオジム磁石のお陰!〕

ネオジム磁石は世界で一番強力な永久磁石で、身の回りの色々な電化製品の部品に使われている。パソコン、携帯電話などが小型化・高性能化されたのはネオジム磁石のお陰でもある。

◎携帯電話のバイブレーター機能は、ネオジム磁石がなければ出来なかったと言われている。





※如何でしたでしょうか?!
いつも思いますが、どのようなモノからでも勉強出来ます。
今回も、小学校5年生向けの雑誌の中からの抜粋です。
実際の中身は写真や漫画・イラストが入った、わかりやすい内容になっていました。
子ども向けの資料、あなどれませんよ!
  


Posted by makishing at 02:00Comments(2)

2011年07月06日

ムーディーズが‘トヨタ格下げ’




今日は、6月30日の日刊自動車新聞より『トヨタ格下げ「Aa3」に』を、紹介致します。





格付け会社のムーディーズジャパンは28日、トヨタ自動車の格付けを「Aa2」から「Aa3」に一段階引き下げたと発表した。東日本大震災の影響から生産は予想よりも早く回復しているものの、金融危機前の収益力を取り戻すには相当な時間を要すると判断した。ムーディーズはトヨタの競争力が長期に渡り圧迫されるとの懸念を持っており、引き続き同社を格下げ方向で見直す考えだ。

ムーディーズはトヨタの世界販売が2014年3月期までに、リーマンショック前の水準に戻ると予測する。しかし、売上高営業利益率が以前の9〜10%の水準に戻るのは円高や原材料高の影響で難しいとみている。11年3月期の営業利益率は2.5%だった。






※世界を代表する会社は、良いこと悪いことに関わらず“何があっても”表に出ますね。

天災による業績下降は、ある意味、仕方ないとも受け取れます。現実を直視した上で、今後をどうしていくかが、重要事項と、考えます。
  


Posted by makishing at 04:18Comments(2)

2011年07月05日

【ぬくもり】





【ぬくもり】



そっと、手をにぎる


そこには、会話も、ない


時間だけが、流れていく


ただ、ただ、手のあたたかさだけ


ぬくもりとして、伝わっていく
  


Posted by makishing at 05:40Comments(2)

2011年07月04日

老舗お茶メーカーの秘密

今日は、ある日のテレビ情報番組より「老舗のお茶メーカーの秘密に迫る、老舗の玉露茶匠の秘技」を、御紹介致します。





1790年創業の福寿園、福井正憲氏が社長を務めている


「お茶を飲みましょう」から、世の中始まる


覆い下栽培で、摘み取られてから直ぐ出荷する


宇治玉露茶の良質の茶葉を集めて、旨みやコクを作るのが、ブレンド茶


新芽の大きさの手で触って、感じていて、50種類ブレンドする事もある


お茶ソムリエがアンケートを取りながら、20種類から3種類を選び出し、要望に応えてくれる


300人以上がオリジナルブレンド茶を作って、結婚式の引き出物にしたりするのは「お茶は、嗜好品で必需品じゃないから、お手伝いする」という姿勢の表れ


ペットボトル入りのお茶を作りたい、と言ってきたメーカーがいた


無声呼人と言う言葉『本物を作っていたら、人は集まってくれる』


福寿園は、それを思い出して、やりだした


練り火をやりながら、ペットボトルでの本物の味を出す方法で、納得いく味を出した


2004年、創業者の名前を入れて発売し、大ヒットした


伝統の技術を守って努力し、新しいものも取り入れるのは「ブランドは消耗品で、どんどん価値を付けて育てていく」のが、わかっているから


数年前9月に、京都に本店ビルを建てた


そのビルで、本格フレンチにお茶(抹茶)の香りを出した


外国人にもお茶を触れてもらい、親しんでもらう


食事の後のお茶を濃くする事によって、コーヒーの代わりにもなる


夢は、宇宙でお茶を飲んでもらう事





※如何でしたか?お茶といっても、奥が深いですね。

毎日、どこかで出して頂いて、飲ませて頂くお茶に、感謝の念をもって、喉の渇きを癒やされたいと、思います。
  


Posted by makishing at 01:38Comments(2)

2011年07月03日

‘それぞれの’目標




【それぞれの目標】



何かを始める時
やりたい数字をつくる


やりたい数字には
それぞれの想いが入る


やりたい数字には
それぞれの望みが入る


やりたい数字には
それぞれの理論が入る


やりたい数字には
それぞれの意図が入る


何かを始める時
考えるのは




それが‘それぞれ’である事


なかなか、出来ないが


‘それ’も、尊重しよう!
  


Posted by makishing at 01:23Comments(4)

2011年07月02日

ペットボトル再生事業会社の、もともとは?!





今日は、6月19日読売新聞より『ペット再生材新事業』を、紹介致します。





『ペット再生材新事業』


マージャンパイの生産量日本一を誇るプラスチック加工会社「大洋化学」(和歌山県御坊市)は、培った樹脂加工技術を生かし、8年前からペットボトルの再生事業に取り組んでいる。

主力のマージャンパイの売り上げは1980年代から下降線。94年に父の後を継いだ上西一永社長(54)は、樹脂製機械部品などに力を入れながらペットボトルのリサイクルに着目し、道路舗装材や給食のトレーに再生して商品化した

今では学校からペットボトルを買い取り、子供たちに環境の大切さを伝えている。「時代に合わせて事業を見直し地域と共に成長を続けたい」と意欲を見せる。






※時代をよく先読みし、どのように変化していくかを考えながら、次の手を打つことが、いかに素晴らしいことかが、この記事を読み、わかりました。
  


Posted by makishing at 06:11Comments(2)

2011年07月01日

WHOより『電磁波についての記事』


今日は、新聞記事より「限定的ながら、がん危険性も WHO組織初指摘」を、紹介致します。ある、メルマガからの一部引用です。




 携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)は(5月)31日、「聴神経腫瘍や(脳腫瘍の一種である)神経膠腫(こうしゅ)の危険性が限定的ながら認められる」との調査結果を発表した。

WHOの組織が携帯電話に関して発がん性を指摘したのは初めて。

 国際がん研究機関は危険性の数値化はしておらず、「(最終的な結果を得るためには)今後、携帯電話の長時間使用について調査を続ける必要がある」としている。同機関の分類では、電磁波による発がんの危険性について得られている証拠の確実性は、鉛やコーヒーと同じ部類に入るという。

 当面の対策としては「(耳に触れずに)携帯電話のメールを使うなど直接電磁波に触れないような使用方法が重要だ」と指摘。なるべく携帯電話本体に触れる時間を短くするよう提案した。(共同)




※このニュース、とても深刻ですね。

“携帯電話の電磁波の危険性を回避できる方法”を、早急に探し出して、対応・対処が急務ですね。

以前、このブログで御紹介しました、ゲルマニウムが良いと、私は聞いております。
  


Posted by makishing at 05:28Comments(0)