2011年09月05日

『じんましん』何が原因なの?




今日は、6月17日に紹介した小冊子『蕁麻疹(じんましん)どんな病気?』より「何が原因なの?」を、紹介致します。




「何が原因なの?」


◇蕁麻疹を起こす刺激・誘因

蕁麻疹を起こしやすい刺激として、食品・薬剤・物理的刺激などがあります。

●食品→そば・エビ・カニ・果物(アレルギーで起きる)・サバ・マグロなどの青魚(魚肉が古くなりヒスタミンが産生される)・豚肉・タケノコ・もち・香辛料など・食品中の防腐剤・人工色素・サリチル酸

●薬剤→抗生物質(ペニシリン、セフェム系など)・解熱鎮痛剤など・降圧剤(血管性浮腫の原因になることがあります)

●物理的刺激→皮膚のこすれ・寒冷・温熱・日光・圧迫など

●発汗→入浴・運動・精神的緊張(冷や汗)など

●その他→感染症など



◇原因がわからない蕁麻疹

蕁麻疹患者さんの70%以上では原因が明らかではありません(特発性の蕁麻疹)。

このタイプの蕁麻疹は毎日のように症状があらわれます。発症して1ヶ月以内のものを急性蕁麻疹、1ヶ月以上持続するものを慢性蕁麻疹といいます。

◆原因がわからない蕁麻疹(急性蕁麻疹・慢性蕁麻疹)→72.7%

なお、詳しいしくみは不明ですが、原因不明とされる特発性の蕁麻疹では、疲労やストレス、感染など、さまざまな因子が症状を悪化させることが知られています。





※蕁麻疹も、身体が出す‘立派な信号’です。

本当に、様々な原因が考えられる症状です。

何が原因の信号かを、的確に知り、処置や治療を受けることが、賢明ですね。
  


Posted by makishing at 00:50Comments(4)