2011年11月10日

洋酒文化は‘関西’から!




今日は、『納税月報10月号』(財団法人納税協会連合会)より、巻末のほうに載っていた《関西★新商品発見》(前垣和義氏著)を、紹介致します。




【洋酒文化は関西から。時代は巡りハイボールが人気】


焼酎ブームもあり、昨今の若者はウイスキー離れの感がありましたが、いまはハイボールが人気。柳原良平さん作のキャラクター「アンクルトリス」も復活し、世間をニコリとさせています。

国産ウイスキーは、昭和4年に、大阪と京都の境、山崎にて、誕生しました。甘味ワインのヒットで得た資金を“やってみなはれ”の精神のもと、未知の世界に投入した大阪企業の快挙から生まれたものです。

同社は、昭和30年、“ウイスキー”といわずに“トリス”とご指名下さい、というキャッチフレーズを発表し、東京、大阪を中心に店の女性が客席につかずにウイスキーとつまみを提供する「トリス・バー」を展開します。このバースタイルが、サラリーマンや学生層の支持を得、一つの時代をつくりました。人気メニューはハイボールで、大阪では「トリハイ」、東京は「Tハイ」と呼んでいたとも。

また同社は、開高健さんが編集責任のPR誌『洋酒天国』の発行など、洋酒文化の向上につとめます。〈「人間」らしくやりたいナ/トリスを飲んで/「人間」らしくやりたいナ/「人間」なんだからナ〉、この名コピーは開高さん作で、昭和36年のもの。

ハイボールへニーズが回帰するいま、人々が求めているのはコピーに謳われたフレーズの中身であるのかもしれません。





※衣食住のうち、衣と食に関しては、時代の経過により、流行り廃れを色濃く出すと、思っています。

ハイボールが流行しているのも、裏側の仕掛け人がいるとは思うものの、見事にウイスキーを復活させたと、感じております。

ビール党の私ですが、機会をつくって、賞味してみたい、ハイボールです。
  


Posted by makishing at 04:30Comments(4)

2011年11月09日

スケジュール変更で“時間は生きる”




今日は、中谷彰宏さんの著書『なぜあの人は時間を創り出せるのか』からです。




『スケジュールを変更することで、時間は生きる



予定表にスケジュールを書き込む時、「△」の場合があります。

「△」というのは、ここに何か仕事が入りそうだけれども、まだそれは未確定だという仮押さえの時です。

一番早いのは「火曜日」だけれども、ここは未確定で、確実にあいているのは金曜日になってしまうという時は、未確定でも早いほうの火曜日に入れる。

もし、火曜日の仮押さえの日に本来のアポイントが入ったら、それから変更すればいいのです。

そうしないと、人と会う約束の時間設定は永遠にできない。はっきり言って、先のスケジュールなんて結局わからないのです。

そこに仕事が入ったら変えればいい、というぐらいのスタンスでいかないと、スケジュールを入れることはできないのです。

何回でもスケジュールは変えていいのです。「入れたけどまた変わった」「入れたけどまた変わった」、というふうにスケジュールは動くものです。

それは、神様が決めていることです。

例えば会う約束をしたけれども、何かの都合で1週間延びたとしたら、それは、1週間延ばしたほうがいいとという神様のアドバイスだと考える。

その間に何かするべきことがあったり、そのタイミングでは会わないほうがいいと、神様がうまいぐあいに助けてくれているのです。




※「先のスケジュールなんて結局は、わからない」・・・これが、本音だと思います。

・・・で、優先順位で決めているのが、現実です。

頭を柔軟にして、事に挑んでいきたいと思います。
  


Posted by makishing at 07:26Comments(4)

2011年11月08日

プロ棋士161人に聞きました!



今日は、先日友人から頂いた小冊子『棋士、羽生善治×脳科学者、茂木健一郎 将棋は脳を育てる』の背表紙の《プロ棋士161人に聞きました!》を、紹介致します。




・アンケート回答者
棋士(現役)159人、棋士(退役)43人→回答者数136人
女流棋士(現役)38人、女流棋士(退役)4人→回答者数25人
合計送付数244人、合計回答者数161人

調査時期:2009年8月、調査方法:現役引退を含めた棋士、女流棋士に書面で配布。記述後に返送。





Q1.将棋を始めて良かったと思うことは、何ですか?

◆算数の成績が上がった・・・68名
◆暗算がはやくなった・・・61名
◆国語の成績が上がった・・・28名
◆社会の成績が上がった・・・18名
◆理科の成績が上がった・・・10名
◆図工の成績が上がった・・・4名
◆語学の成績が上がった・・・4名
◆家庭科の成績が上がった・・・0名



Q2.この中では、如何ですか?

◆ひとつの事を集中して考えられるようになった・・・95名
◆勝負の厳しさを知ることができた・・・78名
◆礼儀作法や言葉遣いが良くなったもしくはそう言われるようになった・・・68名
◆向上心が芽生えた・・・61名
◆最後まで諦めずにやり抜く力がついた・・・57名
◆素直に負けを認めることができるようになった・・・51名
◆対人でもまれて度胸がついた・・・41名
◆机に向かう習慣がついた・・・18名
◆はっきりと自分の意見を言えるようになった・・・18名
◆その他の回答(8名)
*自分に自信がついた
*座っていられるようになった
*大人との交流が密になる
*我慢することを覚えた



Q3.将棋を始める前と後で、誰からの評判が良くなりましたか?

◆学校の先生からの評判・・・65名
◆友人(同性)からの評判・・・53名
◆親からの評判・・・46名
◆友人(異性)からの評判・・・31名
◆祖父母からの評判・・・23名
◆兄弟・姉妹からの評判・・・16名
◆その他(親戚・親の知人の評判・社会からの評判・親族からの評判)



Q4.将棋を始めた事で、成績や周囲からの評判以外のことで「良かった」「役に立った」と感じる事はありますか?

◆年齢などに関係なく様々の人と出会い、数多くのことを学んだ
◆考える力がついた
◆集中力がついた
◆人の気持ちがわかるようになった

〈その他の少数回答〉

◆テストで出題される「ひっかけ問題」が見抜けるようになった
◆一つの日本文化が趣味と自慢できる
◆将棋の本を読むようになったことで、普通の本も読む習慣がついた





※あらゆる方面への、善なる影響があると、正直思いました。

将棋は頭も使うし、先読みも出来ます。

これからブームが到来したら、嬉しいですよね。
  


Posted by makishing at 00:31Comments(6)

2011年11月07日

‘決めたら’楽!?




【決意】



ものごとは


決めるまでの世界


ものごとは


決めるまでの迷い


ものごとは


決めるまでの時間


ものごとは


決めるまでの勝負




決めてしまえば




やるしかない!!




がんばれ!自分。
  


Posted by makishing at 05:43Comments(6)

2011年11月06日

チーターの‘スピードの秘密’




今日は、ジャポニカ学習帳『漢字練習帳』より《地上最速のスピードの秘密》です。




《地上最速のスピードの秘密》


チーターは地上で最も速く走れる動物として知られていて、最高時速は約百十キロメートルと言われています。ただし、走れる距離は短く、最長でも五百メートルくらいです。一分以上獲物を追うことはありません。

普通、ネコ科の動物の足には、普段は引っ込めておける鋭い爪と、柔らかい肉球があります。しかし、チーターの爪は引っ込めることが出来ず、肉球も硬くなっています。これらが、靴底のスパイクのような役割を果たすのです。

引き締まった体と、長い足も、走るのに適しています。小さな頭は、軽くて、走る時に邪魔になりません。そして、バネのようにしなやかな背骨を、いっぱいに曲げ伸ばして、歩幅を大きくとって走るのです。長くて太い尾は、曲がる時にバランスをとる、舵の役割を果たします。

このように、チーターの速さの秘密は、まるで走るために進化したような、独特の体のつくりにあるのです。





※如何でしたでしょうか?!

昔、幼少時代に『野生の王国』というテレビ番組がありました。それを思い出しました。

走る為に生まれてきたチーター。かっこいいですね。ただ、一分以上走れないのは、かわいそうです。
  


Posted by makishing at 01:40Comments(4)

2011年11月05日

秋の夜長を“スローリーディング”で!




今日は、たまたま手にした雑誌『ESSE10月号』(発行:株式会社フジテレビジョン、発売:株式会社扶桑社、定価:500円)より、《秋の夜長は“スローリーディング”で読書を楽しもう!》です。




《秋の夜長は“スローリーディング”で読書を楽しもう!》



一冊の本をじっくり読む読書法、スローリーディングが見直されています。

「『スローリーディング』では、一冊の本にできるだけ時間をかけて、ゆっくり読みます。極上のワインを一気飲みしてしまうのはもったいないのと同じように、よい本もじっくり味わう方が、より深く楽しめるわけです」と『本の読み方―スロー・リーディングの実績』(平野啓一郎著)の出版元PHP研究所・横田紀彦さん。

ポイントは「作者の意図」に注目すること。小説の主人公になりきって読むのもいいし、作者が「この物語を書こうとした理由」を想像しながら読むという方法もあります。

「わからない単語が出てきたら、面倒くさがらずに辞書を引くのも大切ですね。丹念に読んでいくと記憶にも残りやすく、読書後に感想を話し合うときにも役に立ちますよ」(横田紀彦さん)。





※この記事を読んで、最初に思ったことは『スローフードやスローライフの読書版』だと、いうことです。

速読について、過去に紹介したことがあります。ITやインターネットが普及して、地球が速く回っています。

それに呼応するビジネスは、沢山世の中に普及しています。

たまには、のんびりするような「ホッとする時間や場所」が、必要なのかも、しれませんね。
  


Posted by makishing at 06:08Comments(4)

2011年11月04日

“牛”に関する諺




今日は、『ことわざハンドブック』より、牛に関する諺です。





【牛に対して琴を弾す】

意味:愚かな者に立派な道理を説いてもむだで効果はない。中国で公明儀という人が、牛に琴を聞かせたが全く反応がなかった、という故事から出た言葉。〈馬の耳に念仏〉も同じ。



【牛に引かれて善光寺詣り】

意味:長野の善光寺の近くに住む老婆が、たまたまさらしていた布を、牛が角に引っかけて逃げたのを追って寺に駆け込み、仏の光明を知った、という故事から出た言葉。人に誘われて偶然によい事をする意味。またいやいやながら人と行動をともにすること。



【牛の角を蜂が刺す】

意味:痒くも痛くもないこと。あるいは全く効果のないことを言う。〈蛙の面に水〉〈石に灸〉も同じ意。


【牛は牛連れ馬は馬連れ】

意味:似たような同士が行動したり、あるいは自然に一緒になること。〈牛は牛連れ〉ともいい、類語には〈類は友を呼ぶ〉がある。出典は狂言の餅酒。





※今回、牛がテーマです。『鈍感・意味の無いモノ・無駄の象徴』のようなイメージでしょうか。でも、何か良いことのきっかけも、牛が創っていそうです。

しかしながら、いつも感じるのは、諺の種類の多さです。
  


Posted by makishing at 06:13Comments(6)

2011年11月03日

世界にはばたく‘自転車用部品’メーカー


今日は、ある日のテレビ情報番組より『大阪発、世界の部品メーカー』を、紹介致します。



(株)キャットアイ社長、津山晃一さんがゲスト



安全第一で、世界一



反射板にプリズムが当たると、凹凸で光る



金型に秘密があり、職人さんがひとつずつの手作り



300〜400本を入れている



金型のピンは、一本ずつ研磨されている



技術の高さ以外に、世界各国の安全基準に対応し、世界トップレベルになった



欧州は、車道、歩道、自転車道があり、夜の暗さも違うので、規格が違う



健康を守る、サイクロンコンピュータは、会社の主力



1984年に開発し、30万個売った



冬場、屋外に自転車を置くと、太陽光発電が、機能しなくなり、売った数と同じクレームがきた



2006年、試作を繰り返し、ロングセラーに成長した



ユーザー志向でモノを作る事が大切



簡単に使える事だけが、大切



自転車をこいで環境を守るモノづくり



自転車通勤を推奨し、自転車で通勤する距離に応じ、エコポイントとして手当をつけた



駐輪場やシャワー室に、60万円以上かけた



安全を考えている会社の社長は、『危ないから自転車乗ったらいけない』のは、間違い



モチベーションを上げる方法として、単にお金を渡すだけでなく、何かを達成する事が大切




※如何でしたでしょうか?

この会社、実は以前、訪問したことがあります。

派遣会社に勤めていた時の取引先でした。

まさかこのような、全世界的部品メーカーだとは、思いませんでした。

自転車反射板では、国内は元より、海外でのシェアも、群を抜いています。

また、機会をつくって、訪問してみたいと、思います。
  


Posted by makishing at 08:26Comments(2)

2011年11月02日

「お金の教養」を‘身に付ける’




今日は、先日参加した『不動産投資セミナー』の中での宣伝の資料で、日本ファイナンシャルアカデミー、泉正人氏の文章から、一部削除して紹介致します。



《「お金の教養」を身に付ける》


■私が子供の頃は、「貯金しなさい」「貯金して欲しい物を買いなさい」と言われるだけで、貯金以外のお金の使い方を教えてもらうことはありませんでした。

■お金は、子供から大人まで、誰もが使うものなのに、お金の使い方を知らないまま、大人になっていきます。便利なはずのお金が、一度、カードローンや借金などにはまると人生を狂わせる「凶器」となることもあります。

■例えば車の運転は、短時間で目的地にいく手段としてとても便利ですが、一つ間違えると、人を傷つける「凶器」に変わります。

■「貯蓄から投資へ」という方向へ日本が向かっていますが、「じゃあ、今すぐ投資しよう!」というのは危険です。18歳になって車の運転が出来るからといってすぐに車に乗って運転することはありません。

■お金や投資に関しても全く同じです。日々何も考えずに漫然とお金を稼いだり、使ったり、貯めたり、運用したりするのは、運転免許を持っていない人が、高速道路を運転するのと同じくらい危険な行為なのです。

■だからこそ、金融教育を受けられなかった私たちも、お金について真面目に学び、豊かなライフスタイルを送れるようにする必要があると思うのです。

■お金とは人生を楽しむための「ツール」に過ぎませんが、お金について正しく学び、「お金の教養」を身に付け、自分らしいライフスタイルを送るための知性を身に付けて頂きたいと感じています。





※これは、投資の仕方を学ぶ学校に通うための、宣伝の文章の、序章的な部分ですが、私は普通に広く伝える中身があると思い、採り上げました。

お金に関する学習については、日本は欧米より遅れていると、思っています。

あまりお金を特別視せず、気軽に学ぶ文化が、日本にも必要なのかも、しれません。
  


Posted by makishing at 06:25Comments(2)

2011年11月01日

先染めハンカチ会社が作った‘次の商品’




今日は、『納税月報10月号』より《メーカー探訪》を紹介致します(一部削除)。




《メーカー探訪》阿江ハンカチーフ株式会社


・設立:1948年(昭和23年)
・本社:兵庫県加東市下滝野593−1
・代表取締役:阿江克彦さん


特有の光沢と豊かな色彩、上質な肌触りを持つ先染めハンカチを手がける阿江ハンカチーフ。140年以上にわたり培われた高度な播州織の技術で新たに開発した傘が、大きな反響を呼んでいる。5代目社長である阿江克彦氏に、新商品誕生の秘話やヒットの要因などを伺った。




▲先染めハンカチで培った織物技術による異分野商品の開発で新たな客層を獲得▼



播州織の産地で創業し、高級先染めハンカチを製造してきた当社が、ハンカチタオル台頭を機に苦戦になりました。新規事業への参入を決意したのが、2008年です。

一様に評価が高かった「傘」で、自社ブランドを展開しようと決めました。専門店に足を運び調査しましたが、細部まで作りにこだわる傘は少なく、当社技術が武器になると確信。傘において難しいのが柄合わせという技術。播州織の中でも特に加工難易度が高く、その技術がある当社は実現可能なデザインなのです。

愛好者の需要に合致したことで売上も順調に推移し、今期は3倍を見込んでいます。今後もブランド力を高めていくことを目指します。





※この企業も『技術・知識』を新しいアイテムに融合させて成功した、1つの素晴らしい事例です。

時代背景や市場動向をにらみ、柔軟に対応すれば、新たな発想から素晴らしい商品が生まれますね。
  


Posted by makishing at 06:07Comments(2)