2011年12月24日

“嘘”に関する諺




今日は、『ことわざハンドブック』より、嘘に関する諺です。





【嘘から出た実】

意味:始めは嘘のつもりで言ったことが、結果的に本当になってしまうこと。出典は仮名手本忠臣蔵で、類語には〈瓢箪から駒が出る〉がある。



【嘘つきは泥棒の始まり】

意味:平気で嘘をつく者は、そのことで良心が麻痺し、やがて泥棒もするようになる。嘘は悪事の踏み出しだということ。〈嘘は盗人の始まり〉とも言う。



【嘘つき世渡り上手】

意味:嘘をつく者は抜け目がなくて小才も利く。だから、世渡りも抜け目がないとの意。



【嘘と坊主の頭はゆったことがない】

意味:絶対に嘘は言わないこと。ここでは『結った』と『言った』がかけてあるのかミソ。〈嘘と坊主の頭はいわれぬ〉は、僧が頭を剃っていて髷が結えないのにかけた洒落でもあろう。



【嘘も方便】

意味:『方便』は仏教語で、正しい方に導くための手段。嘘をつくのは悪いことだが、事と場合によっては物事が丸くおさまる事もあるとの意。類語に〈嘘も重宝〉〈虚言は世の宝〉があり、反語は〈嘘つきは泥棒の始まり〉〈嘘をつくと閻魔さまに舌を抜かれる〉。



【嘘を言えば地獄に行く】

意味:子供を戒める時によく使われる言葉。仏説で嘘をつくと閻魔大王に舌を抜かれるとある。





※「嘘」についての諺は、誰もが知っている有名なものも、ありますね。

知っていた諺も、その背景や踏み込んだ意味を知らなかったり・・・でした。

知らなかった諺は、いつも新鮮に感じてしまいます。

諺シリーズも、もうすぐ20回目を数えます。
  


Posted by makishing at 05:36Comments(4)