2012年01月13日

御堂筋線と谷町線の“車両の違い”は?!



今日は、『スルッとKANSAI』《遊びマップ12月1月合併号》より【教えて!運転士さん】を、紹介致します。




Q.大阪市営地下鉄御堂筋線に、新型車両30000系が導入されますが、現在谷町線で活躍している、30000系との違いを教えてください。



A.御堂筋線の30000系は、谷町線に導入したものをベースに設計していますが、お客さまに、より便利で快適にご利用いただくため、以下の改良を加えています。



●座席の配置を工夫することで、一部の乗降口横のスペースを拡大し、大きな荷物をお持ちのお客さまも利用しやすくしました。

●御堂筋をイメージする銀杏の柄を内装パネルに採用することで、親しみやすい車内空間を演出しました。

●乗降口上部の車内案内表示器に、ワイド液晶ディスプレイを採用し、乗換案内や駅設備案内等、よりきめ細かな情報を提供できるようにしました。

●荷棚高さを40ミリメートル下げ、どなたにも使いやすくしました。

●座席の形状を工夫し、座った状態から立ち上がりやすくしました。






※如何でしたでしょうか!?!ここまでの工夫を、鉄道車内がしてくれているのかと、感激しました。

正直、全然知らなかった鉄道車内の系統。同じ種類でも、こうも違うと、鉄道マニアでなくても、車内を見渡して、観察したくなりますね!
  


Posted by makishing at 06:13Comments(4)