2012年02月29日

“ニッポンとニホン”は、どちらが正しい?!




今日は、息子が学校から借りてきた本『目からうろこ 小学生の大疑問』(講談社編、梅沢庄亮企画室構成)より《「ニッポン」と「ニホン」‥‥どっちが正しい?》を紹介致します。






昭和9年、文部省に設置されていた臨時国語調査会は、「日本」の国名の読み方を「ニッポン」に統一しようと決めた。ただ、国全体としてはどっちにしようと決めなかったし、国際的に宣言もしなかった。そして、今も、そのままになっているのだ。




〔日本という国はどうしてつけられた?〕


607年のことだ。聖徳太子は、そのころ中国を統一して急速に国力をのばしていた、隋という国に使い(遣隋使)を派遣した。その時の使いだった小野妹子が持参した国書(国が正式に出した手紙)に、自分たちの国を「日がのぼるもとの国(日のもと=日本)より」とした。これが、国名としての「日本」がつかわれた最初。だが、どう読むかは、決まっていなかったのだ。




〔いろいろときいてみた!〕


政党のうち、かつての日本社会党(今は社会民主党)は「ニッポン」だった。日本共産党は「ニホン」だ。

「ガンバレ・ニッポン・キャンペーン」という運動をやっている日本オリンピック委員会は、団体の正式な読み方は「ニホン」だ。

NHKアナウンス室にきくと、「国名のときはニッポン、それ以外に『日本』が使われている場合は、ニッポンかニホンかのトラの巻を見る。」という。NHKは「日本放送協会」というのが、正式の名称で、「ニッポン」と読んでいる。

国名の読み方が2つあるというのは、世界広しと言えども日本だけだ。でも、二通りの読み方があって、どちらでもいいというのは、考えようによっては、いかに日本人がおおらかということで、いいんじゃないか。






※私たちの国・・・物心ついたら、二通りの呼び方がある中で、生きてきました。

これって、とてつもなく不思議なことだったんですね。

そういえば幼少期に“日本橋”を『ニホンバシ』か『ニッポンバシ』かで、父に尋ねていた自分を思い出しました。

それもこれも、おおらかな証、ということで・・・今日も一日、お仕事頑張りましょう!
  


Posted by makishing at 06:08Comments(6)