2012年02月09日

《悪は必要か》





今日は、松下幸之助さんの“幸之助語録”第16弾です。






《悪は必要か》




「たとえばここに塩がある。これを悪と仮定しよう。ゼンザイを煮て、塩をたくさん入れたら辛くて食えない。これは悪が多すぎる。今度は塩をゼロにするとゼンザイは甘ったるくておいしくない。適量の塩を入れると、つまり適量の悪を入れると、ゼンザイは非常においしくなる」






PHPの世の中になったら、この世から悪人はいなくなりますな、という人がいる。しかし、それは現実の姿ではない。


この世から悪を全部取ってしまったら、塩を入れないゼンザイと同じで調和が取れない。


だから悪は適量に存在せしめなければならない。


現実の人生の姿では、悪がなくなるということはない。ただ、もっとうまいゼンザイを食いたいけれども、悪が多すぎてまずい。そうしたとき、PHPの考え方でゆけば、それをうまいゼンザイにすることができる。






※PHPの根底の意味と、ここに使われた意図は、私は、わかりませんが‘きれい過ぎる水に魚がなじまない’のと、同じ意味だと解釈しました。
  


Posted by makishing at 00:12Comments(0)

2012年02月08日

16歳4ヶ月、世界一周!!





今日は、以前の2010年5月15日に、オーストラリアの女子高生の世界一周航海達成について、2日後の5月17日に採り上げましたが、今回、オランダ人少女のヨット単独航海について、1月23日の読売新聞に掲載されていましたので、紹介致します。





【16歳4ヶ月世界一周】
「危険」ギネス認定せず



AFP通信などによると、ヨットによる史上最年少の単独世界一周に挑戦していたオランダ人少女、ラウラ・デッカーさん(16歳4ヶ月)が21日、カリブ海のオランダ領シントマールテン島に到着し、航海を成功させた。これまでの最年少記録は「16歳11ヶ月」。ただ、ギネス・ワールド・レコーズ社(英国)は、年少者の単独航海は危険だとする立場から、記録を認定していない。


デッカーさんは昨年1月20日、全長11.5メートルの小型ヨット「グッピー」でシントマールテン島を出港した。オーストラリアや南アフリカなどに寄航しながら、1年で旅を終えた。デッカーさんは上陸後、「やめようと思ったことはない。夢をかなえたかった」と記者団に話した。






※如何でしょうか!!?

何か、感じましたか!

私は、感じました。勇気をもらいました。

夢を諦めちゃ、ダメですね。
  


Posted by makishing at 03:56Comments(2)

2012年02月07日

どう違う?!“脳死と植物状態”




今日は、たまたま手にした『別冊宝島 人体のからくり』(宝島社、監修者 坂井建雄医学博士)より《脳死と植物状態はどこが違うの?》を紹介致します。




脳死は、脳全体の機能が失われ、回復の見込みがない状態をいう。具体的には、神経反射や脳波が消失し、瞳孔の散大がみられ、呼吸も停止しているが、人工呼吸器をつけることで、呼吸と循環を維持することができる。

これに対して植物状態は、大脳を含めて脳の上部が障害され、意識が戻らない状態をいう。脳幹の下部が活動していて、呼吸や循環、消化などの植物的機能は保たれているので、外から栄養を補給することで生命を維持できる状態のこと。






※如何でしたでしょうか!?

とても、深刻な内容を採り上げてみました。

私は、これらの違いについて、説明を求められても、わかりませんでした。
  


Posted by makishing at 06:49Comments(0)

2012年02月06日

京セラの『今年の一文字』




今日は、読売新聞1月25日朝刊より『トップが語る』の〔今年のわが社 この一文字〕を紹介致します。





〔今年のわが社 この一文字〕

京セラ 久芳徹夫社長(57)


【夢】


今年はオリンピックイヤー。昨年は東日本大震災が起きたが、子供たちのためにも夢のある日本であってほしい。
社員にとっては、会社は自分の夢を実現できる場所でなければならない。
苦しい時でも、社員が「この会社にいて良かった」と思える会社にしたい。





※苦しい時でも夢を持ち、それを常に小脇に携えていれば、それは揺るぎないものになるのかな・・・この記事を読んで、そう思いました。
  


Posted by makishing at 02:20Comments(4)

2012年02月05日

料理は出された瞬間に食べる!





今日は、『会社では教えてくれない50のこと』(中谷彰宏氏著、ダイヤモンド社)より《料理は出された瞬間に食べるのが、料理人への最大の賛辞》を、要約して紹介致します。





《料理は出された瞬間に食べるのが、料理人への最大の賛辞》




レストランで作ってくださった人への最大の賛辞は「おいしい」と言葉で言うことではなく、おいしそうに食べることです。

私(中谷彰宏氏)は、おいしそうに食べているのではなく、食べるのが早かった(イタリアンレストランのエピソード)のです。

お寿司屋さんで、トロをさらしに巻いたまま、ガラスケースの中にしまっていて、必要な時だけほどいて出す方法を「こうしておかないと、空気に触れて、酸化しておいしくなくなるんです」。料理人にとっては、出したらすぐたべてもらうのが、一番おいしい状態でたべてもらうことなのです。

料理を作る人は、ベストな状態になるようにして、お客さんの目の前に料理を出しているのです。すぐ食べることで、料理人は、また腕を振るっておいしいものを作ってくれるようになるのです。

うんちくを語るのは後でいいから、とにかくまず食べましょう。




【明日のために】出された料理は、五秒以内で食べよう。







※そうですね!その通りです。

話や議論に夢中になって、せっかくのご馳走が、台無しになっていませんか?!

私自身、思い当たるところがあります。反省!
  


Posted by makishing at 07:24Comments(2)

2012年02月04日

少しの違いが‘大きな違い’




今日は、たまたま手にした『納税月報2月号』の「国際化時代の日本語表現」より【少しの違いが大きな違いに】を、紹介致します。





例えば、アルバイト先のスーパーのレジで、「袋、ご利用になりますか」の意味で「お袋、ご利用になりますか」と言ってしまった事例が紹介されている。日本語では「お」をつけると全く意味が変わる場合がある。「釣り」と「おつり」、「つまみ」と「おつまみ」、「冷や」と「お冷」、「釜」と「おかま」、「にぎり」と「おにぎり」などがそうである。

もう一つの例を挙げる。「行かないほうがいい」は「行かないでください」より確かに柔らかく聞こえる。が、「〜したほうがよい」を用いる際は、場所や相手を考えないと、きつい印象を与えてしまう。先輩や上司に向かって、「結婚したほうがよい」は言えないのである。

中国人は日ごろ漢字を使っているから、同じく漢字圏の日本語は中国人には覚えやすい、と言えるだろう。簡単な会話ならすぐ身につけられる。が、日本語は入門は簡単だが、学習すればするほど難しくなる。特に敬語や助詞などが学習者を悩ませ、配慮表現は最も難解である。






※中国人の方が執筆されていた記事でした。

ここ数年で、沢山の中国人の方々が、日本に来られています。

「お」や「ご」を付けたり、尊敬語・謙譲語・助詞・助動詞の使い方など、私たち日本人も悩んでしまうことは、けっこうありますね。

日本語の難しさ、思い知る毎日です。
  


Posted by makishing at 06:55Comments(6)

2012年02月03日

有田焼を支え、広めた組織とは!?




今日は、私たちの研修室の開室の御祝いで頂いた、高価な食器セットの中に入っていた説明文が、そのまま有田焼のルーツ・普及と重なりましたので、それを御紹介致します。





初代深川栄左衛門が有田で陶磁器の製造をはじめたのが、江戸文化が花開いた元禄の頃。およそ三百年前のことです。やがて日本にも近代化の波が訪れ、明治維新の激動期には、これまで有田焼を支えてきた佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失ってしまいます。

そんな中、八代深川栄左衛門は、当時の選りすぐりの陶工や絵付師、陶商たちを一つにまとめ、結社をつくりました。それが香蘭社のはじまりです。明治八年の発足以降、世界各国で開かれた万国博で数々の名誉金牌を受賞。海外でその評価を高めるとともに、明治二十九年には、宮内庁御用達の栄を授かり今日に及んでいます。

有田色絵磁器の多様な文様を集大成し、時代と共に進化する伝統美は、「香蘭社スタイル」「香蘭社調」と称され、国内外で広く愛されています。





※有田焼について、思いがけず勉強出来ました。

とても、昔からの歴史があるのですね。
  


Posted by makishing at 06:16Comments(2)

2012年02月02日

“しがらみ”から抜け出す秘訣とは!?




今日は、あるメルマガからの、一部引用です。





ピーターパンを知っていますか?

ディズニーの名作で、
愛嬌のあるキャラクターが素敵な
ストーリーです。


ロンドン郊外に住んでいた
ウェンディは大人になるのがいやで
たまりませんでした。

やんちゃな弟2人も
一緒です。

そんなある日みんなが寝静まった夜に
窓の外からコンコンっと
叩く音が聞こえます。

驚いたウェンディが窓に近づくと、
なんとそこには男の子がいるではありませんか。

その男の子の名は、
ピーターパン。


そんなピーターパンに導かれて
ウェンディは部屋を飛び出します。

ウェンディは、
狭い部屋から無限に広がる大空へ
飛び出していったのです。

飛んでいるときのウェンディの表情は満面の笑顔。

この上ない幸せを感じているようでした。



「あの世界は現実にそっくりなんだよ。」


そう言われたことがあります。


ウェンディたちが
大人になりたくないのは
つまらないしがらみが多く、
窮屈だと感じているからです。


つまらないしがらみは言いすぎですが、
私たちにもルールはたくさんありますよね。


赤信号は止まれ、
電車の乗る時間

そういった生活上のルールから

仕事はこう進める
商談はこうする

といった仕事上のルールまで。


実にたくさんのルールの中で
生きていると言えます。


現代社会は情報もたくさんなので
頭もパンパン。

なんとなく窮屈な気持ちを
感じている人も多いのではないでしょうか。



私たちは他にも様々な
制限を自分にかけてしまっていたりします。


この制限を取っ払って
生きることができたら素晴らしいと思いませんかっ?


色々な足かせがあると思っていた
自分の人生が

実は自由で、伸び伸びと送ることができる
ものだと感じられたら最高ですよねっ。



では、
どうしたらそう生きることが
できるのでしょうか??


その答えは、
とってもシンプル。

シンプルすぎて、拍子抜けして
しまうかもしれません。

ですが、
とっても深いです。

もしかすると人生の奥義かもしれません。



その答えは、、



「気づくこと」

なんですね。


自分自身に制限がある、
ということに気がつくと

あとはそのまま続けるか
制限を手放すかを選ぶことができます。


「窮屈で苦しいと感じていたけど、
別な選択肢もあるんだ!」

そう思えた瞬間、気持ちは
すごく楽になれるんですね。

でも、
多くの人は忙しい日々を送っているので
なかなか気づけませんし、
気づくための感性が衰えてしまっています。






※・・・っと、それで、このメルマガの筆者の仕事のことに、続いていきます。

『制限が存在する自分自身』を、どうするか・・・選択は、自分自身に委ねられます。

先ずはそれに気づいて、解決に向けて努力することなのかな・・・そんなふうに、思います。
  


Posted by makishing at 06:14Comments(2)

2012年02月01日

2月のハッピーホロスコープ




今日は、阪急路線情報紙『トック2月1日号』より、星占い《2月のハッピーホロスコープ》(占い/リーリア弥生)を、紹介致します。




☆牡羊座・・・出会い運が好調。仲良くなった年下の異性とは連絡先を交換しておこう。恋に発展するかも。


☆牡牛座・・・色々なストレスがたまって気分が落ち込み気味。奮発して豪華なランチで気分転換すると◎。


☆双子座・・・遠方にツキあり。リフレッシュを兼ねるなら、電車やバスなど移動を楽しむ旅行がオススメ。


☆蟹座・・・仕事で重要なポストを任されそう。仲間の意見を尊重して進めると予想以上の成果を得られる。


☆獅子座・・・臨時収入が期待できるが、細かな出費も増える予感。家計簿などで収支の管理をしっかりと。


☆乙女座・・・仕事もプライベートも忙しい毎日が続く時。心が疲れたら、お気に入りのカフェでリラックスを。


☆天秤座・・・恋愛運が停滞気味。髪型を変えてイメージチェンジをすれば、ステキな出会いが舞い込むかも。


☆蠍座・・・注意力が散漫になりがち。仕事や勉強に行き詰まったら、花の香りの入浴剤でバスタイムを。


☆射手座・・・お気に入りのアイテムに出合えるなど買い物運が好調。長く使えるものを選べば重宝しそう。


☆山羊座・・・新しい目標が見つかるけれど、スムーズに進まずに焦り気味。実現させるには長期戦で挑もう。


☆水瓶座・・・小さなミスが続いたら、スポーツで気持ちを立て直して。ヨガは美容効果も期待できて一石二鳥。


☆魚座・・・気になる異性と急接近。急なお願いにも応えられるよう、日頃からオシャレに気を配って。







※皆様、今日から2月です。

皆様の今月は、如何でしょうか?!
  


Posted by makishing at 05:55Comments(4)