2012年04月30日

農業書売れ行き情報


今日は、日本農業新聞4月29日より《あぜ道書店》の『農業書売れ行き情報』のトップ10と1位の書籍の紹介を致します。







1.TPPはいらない!
篠原孝(日本評論社)

2.限界集落の真実
山下祐介(筑摩書房)

3.TPPで日本は世界一の農業大国になる
浅川芳裕(KKベストセラーズ)

4.食の終焉
ポール・ロバーツ(ダイヤモンド社)

5.食糧危機にどう備えるか
柴田明夫(日本経済新聞出版社)

6.日本農業の底力
大泉一貫(洋泉社)

7.日本の魚は大丈夫か
勝川俊雄(NHK出版)

8.まだ知らされていない 壊国TPP
日本農業新聞(創森社)

9.漁業という日本の問題
勝川俊雄(NTT出版)

10.「食への信頼見える化計画」進行中!
神井弘之(鶏卵肉情報センター)



三省堂書店農水省売店 3月20日〜4月19日




☆TPPはいらない!
篠原孝 著

環太平洋連携協定(TPP)交渉をめぐる議論がなぜ巻き起こったのか。前農水副大臣として民主党の政権運営に携わってきた筆者が、苦悩という苛立ちを込めて野田佳彦首相による昨年11月の協議入り表明や党の議論の実態を描き出す。
政権運営に不慣れな民主党。発言力を増す官邸に送り込まれた財務省、外務省、経済産業省の官僚。官邸と党の風通しが悪くなり、現場からかい離していく政策決定の不透明さを浮き彫りにする。
「グローバリゼーションからジャパナイゼーションへ」。副題に掲げたのは、多様性を容認する日本やアジアの伝統・文化に立脚した原点から答えを見つけ出す姿勢だ。幕末から明治にかけて「開国」を迫った米海軍提督ペリーらは、日本に何を感じたのか。回答を探る模索はペリーらの本当の目線にたどりつく。
(日本評論社、1680円)







※如何でしたでしょうか?!

「農業書」に関する書籍も、沢山出ているのですね!

勉強しようと思ったら、いくらでも出来ると、いうことです。

生きている限り、勉強ですね。
  


Posted by makishing at 07:06Comments(2)