2012年05月07日

交通事故被害者の手記



4月26日、運転免許更新の為、大阪門真の運転試験場に行きました。

免許交付に義務付けられている講習を受講した際に頂いたテキスト『みんなを守る安全運転』(全日本指定自動車教習所協会連合会)の中に、ある手記がありました。

それは、飲酒運転によって娘さんの命を奪われた、ある父親からの内容でした。手記の内容は一部でしたが、そこから要約して、紹介致します。




「命の大切さ」


その電話は「家族全員すぐに大学病院に来て下さい」というものでした。すぐに、病院に駆けつけました。警察官と看護師さんが来て「霊安室に行って、確認して下さい」と言われました。
その時点で、妻は腰が抜けてしまい、立てませんでした。娘の変わり果てた姿を見て、頭の中は真っ白で、ショックで声も出ませんでした。
警察官が教えてくれたことによると、娘が道路左側を自転車で走行中、酔っ払い運転でノーブレーキの車が突っ込んできて、娘を50メートルもボンネットに乗せて走行して、やっとコンクリート乗せて電柱に激突して止まったとのこと。
加害者のあってはならない過ちのために、娘は言葉一つ残すことができずに、死んでしまったのに、加害者はそのことを全く分かっていない。加害者のしたことは、娘や私達にとっては、殺人と同じである。
何も悪いことをしていないのに、突然追突されて、誰にもお別れを言うことができず、訳の分からないまま死んでいったことを思うと、あまりにむごすぎる。
娘が亡くなってから、家族で集まったりする機会が多く、その度に、娘のいない寂しさを感じ、私も妻もそして息子達も言葉にならない無念の思いを感じ続けている。

(「もう一度会いたい(遺族の手記)第6集」所収の手記から抜粋)





※如何でしょうか。

絶対に、あってはならない交通事故です。

一人一人の命の重さは、とてつもない重さです。

ハンドルを握る人、車の近くを通る人、みんなみんな、気をつけて、このような悲惨な出来事を、撲滅しましょう!
  


Posted by makishing at 06:06Comments(4)