2012年06月10日

「家族になろうよ」という歌




今日は、少し前に改めて歌詞をじっくり聴いた、福山雅治さんの歌『家族になろうよ』が、素晴らしかったので、紹介致します。






「100年経っても好きでいてね」
みんなの前で困らせたり
それでも隣で笑ってくれて
選んでくれてありがとう


どれほど深く信じ合っても
わからないこともあるでしょう
その孤独と寄り添い生きることが
「愛する」ということかもしれないから・・・


いつかお父さんみたいに大きな背中で
いつかお母さんみたいに静かな優しさで
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ


小さな頃は身体が弱くて
すぐに泣いて甘えてたの
いつも自分のことばかり精一杯で
親孝行なんて出来てないけど


明日のわたしは
それほど変われないとしても
一歩ずつ与えられる人から
与える人へかわってゆけたなら


いつかおじいちゃんみたいに無口な強さで
いつかおばあちゃんみたいに可愛い笑顔で
あなたとなら生きてゆける そんなふたりになろうよ


いつかあなたの笑顔によく似た男の子と
いつかわたしとおなじ泣き虫な女の子と
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ


あなたとなら生きてゆける
しあわせになろうよ







※皆様が、幸せに、なれますように。
  


Posted by makishing at 07:48Comments(2)

2012年06月09日

“押し売り”



【押し売り】



「何かを貸した」
という、親切の押し売り


「教えてあげた」
という、親切の押し売り


「祝ってあげた」
という、親切の押し売り


「プレゼントした」
という、親切の押し売り


「付き合ってあげた」
という、親切の押し売り




どこにでも出てくる
《親切の押し売り》




相手からの‘ありがとう’を感じなければ


自己満足に、終わるだけ!
  


Posted by makishing at 05:47Comments(2)

2012年06月08日

「強運を科学する」



今日は、ある方から頂いたメルマガです。なかなか考えさせられた内容です。







引退をしようとしている高齢の大工のお話です。

その大工さんは・・

もうそろそろ家を建てる仕事をやめて・・

妻とのんびりと暮らそうと思っていました・・

大工さんを雇っていた雇い主は・・

個人的な仕事として・・

「もう一軒だけ家を建ててくれないか・・」

と頼みます・・


大工さんは承諾はしましたが・・

真剣に仕事をする気はありませんでした・・


粗悪な材料を使い・・

手を抜いて最後のお家を建ててしまいました・・


家は完成しました・・


雇い主は玄関のカギを・・

その建てた大工に渡して言いました・・


「この家は・・」

「あなたの家です」


「今までのあなたに対する感謝のプレゼントです」


大工さんは大きなショックを受けました・・

ひどく・・

恥ずかしかった・・


もし・・

「自分の家を建てている」

とわかっていたならば・・

「もっと自分は頑張っていただろう・・」と・・



私たちも日々の暮らし・・

仕事の中でこのような事はないでしょうか・・


私たちは・・日々

「人生」という名の「家」を建てているのではないでしょうか・・


日々つくり上げた人生(建てた家)に・・

一生身をおかなくてはいけないのにも関わらず・・

手を抜いている事はないでしょうか・・


先日、定職がなく・・

経済力がないと悩んでいるという方の相談を受けることになりました・・


彼に私がお話させて頂いたのは・・

「今の生活も収入も・・」

「誰かのせいでも・・」

「何かのせいでもなく・・」

「すべて自分が選んだ選択の積み重ねで・・」

「その選択の癖(心の癖)を直さない限り・・」

「今の生活は変わらないよ・・」

と。


不幸な人は不幸になる選択をしています。

貧乏な方は貧乏になる選択をしています。

可もなく不可もない人生を歩んでいる人は、

やはり可もなく不可もない選択をするのです。

この選択の癖(心の癖)を直せば・・

人生は劇的に好転します。

心の癖を直すコツは・・

男性ならば人生の中での3年は・・

「休みたい、遊びたい」

と考えず仕事に集中・・

没頭することです・・


この3年がのちの人生を・・

劇的に変えます・・

3年が覚悟できない人は・・

1年で良いです・・

1年できない人は・・

3か月で良いです・・

3か月ができない人は・・

1か月で良いです・・

1か月できない人は・・


「人生を豊かにしたい」

なんて考えないことです・・


たった1カ月・・

仕事に命がけになれない人に・・

何ができましょう・・

どうして豊かになれるでしょう・・


たった1か月も仕事に没頭できない男に・・

何ができましょう・・


こういう男性を・・

「女々(めめ)しい」と言うのです・・


運も・・

いい女も・・

「男らいい男を選ぶ」

ものです・・


奇跡の朝に愛をこめて







※如何でしたでしょうか!!

非常に、考えさせられる内容です。

今日から、いや今から、自分を見つめ直して、精進してまいります。
  


Posted by makishing at 06:49Comments(2)

2012年06月07日

五輪マラソンコースは難関?!



今日は、読売新聞の情報紙『読売ファミリー6月6日号』の中の、増田明美さん(元マラソン選手でスポーツジャーナリスト)の《おひさまエブリディ》より、一部を紹介致します。





◆選手には難関コース?!◆



ウエストミンスター寺院とロンドン塔の2つの世界遺産をはじめ、市内中心部の観光名所を次々に巡るため、曲がり角がなんと105か所、ロータリーを3回、折り返しを4回も強いられるのです。鋭角的に曲がったら石畳の道だったり、名所の敷地に入ったと思ったら狭い路地を抜けて出て行ったり、いやいや選手にとっては忙しくて大変なコースです。

あまりにも複雑なコースで下見中に迷子になりました。一服して気持ちを落ち着けようと、セント・ポール大聖堂近くのスターバックスへ。店員さんに道を尋ねると「ここだよ。この小さい広場をオリンピック選手が走るんだよ。信じられる?」と興奮しながら指さしたのです。「オー、アンビリーバボー!」

マラソンは男女とも日本時間の19時スタート。お茶の間でロンドン観光もできちゃいますから、ぜひご覧くださいね。






※ロンドンオリンピック開催が近づくにつれて、五輪関連の記事も増えてきます。

男女のマラソンも、とても楽しみですね!今回のコース、この文章を参考に、お茶の間で楽しんでくださいね(直接応援に行く方、失礼しました)。
  


Posted by makishing at 06:29Comments(4)

2012年06月06日

広報に載る“頑張る企業”パート6




今日は、家に配布される広報雑誌の中に掲載されていた記事から、六回目です。





【頑張る市内企業】





キンリューフーズ株式会社(茨木市下穂積一丁目)




〜 「食の安全とおいしさ」を追求するメーカー 〜







同社は、昭和45年(1970年)、当地で創業しました。

「みなさまにおいしさと食の安全をお届けしたい」という理念のもと、創業以来、今も多くの人々に愛されている焼肉のたれ「金龍中辛」をはじめ、鍋物用の調味料や各種スパイス、ドレッシングなど幅広い商品を手がけています。

また、消費者の健康づくりのお手伝いをするため、健康補助食品「黒にんにく」を開発、発売しました。

これからも、同社は「手作り感を大切にした『おいしさ』と『安全』」を追求し、たくさんの人々に愛される商品づくりを心がけて、味への挑戦を続けていきます。






※地元の方々だと、馴染み深い会社だと思います。

こうした地道な会社のお陰で、私たちは食卓を賑やかに、そして美味しく食べることが、できるんですね。
  


Posted by makishing at 05:54Comments(2)

2012年06月05日

“あの”赤ちゃんポストについて!



今日は、5月9日読売新聞朝刊より『赤ちゃんポストあす5年』を、紹介致します。





『赤ちゃんポストあす5年』
匿名性「確保すべきだ」



親が養育できない子供を託せる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運用する慈恵病院(熊本市)の蓮田太ニ理事長が(5月)8日、開設から10日で5年を迎えるのを前に記者会見した。蓮田理事長は今年に入って預けられた子供がいないことを明らかにした上で、病院からの接触を親が懸念し、ちゅうちょしている可能性があると指摘。「匿名でなければ預けるハードルが高くなる」と、匿名性確保の必要を改めて強調した。

2007年5月の開設から11年9月までの4年半に預けられた子供は81人。匿名性については今年3月、熊本市の専門部会がまとめた検証報告書が緊急避難的な観点から一定の効果を認めたが、「子供が出自を知る権利や子供の養育環境を整える面を考え、最後まで匿名を貫くことは容認できない」と指摘していた。会見で蓮田理事長は、「(養子縁組などをした)家庭で愛情深く育てられれば、出自は子供にとってそこまで重い問題にならないと考えている」と主張。

今年に入りゼロの状態が続いていることは「事前の相談で親が預けることを踏みとどまっているとも受け取れるが、預けた後に病院から連絡があることなどを心配しているのではないか」と指摘した。






※しばらく、あまり聞かなかった言葉だと思います。

これまで、81人もの赤ちゃんが、預けられているのが、事実です。

匿名性については、考えさせられる内容です。

大切な命についての、重要なテーマです。
  


Posted by makishing at 06:01Comments(2)

2012年06月04日

太陽光発電のQ&A



今日は、5月2日に紹介しましたフリーペーパー『れっどたうん明石・西区・垂水区4月号』より《太陽光発電Q&A》からです。




一般住宅でも見かけるようになったとはいえ、まだまだ太陽光発電の知識は浸透していません。価格も安くないなかで、導入に興味があっても分からない不安が先行している人も多いのではないでしょうか。まずは太陽光発電のことを知って、よりエコな生活を目指しましょう!




Q1:パネルの寿命が短いと聞いたのですが?

技術の進歩により、現在のソーラーパネルの寿命は半永久的ともいわれています。汚れなどにより発電効果が低下することはありますが、それも20年で1割程度です。一方、パネル以外の導入時に設置するモニターや周辺機器の寿命は一般的な家電製品同様に、10年〜20年と言われています。




Q2:雨や曇りの日の発電はどうなるんですか?

たとえ雨が降っていても曇っていても、太陽光がわずかでも差していれば発電は可能です。太陽の姿が見えていなくとも、太陽の光は地上に届いているものです。そのわずかなエネルギーも無駄にせず電気を生み出します。ただし発電量は落ちますし、太陽光が届かないほどの豪雨や分厚い雲が覆っている場合は発電がとまることもあります。




Q3:屋根の上だとメンテナンスが大変そう

太陽光発電では特別なメンテナンスは必要ありません。パネルの耐久性は非常に高く、日常の汚れなどは雨で洗い流されます。操作も一切ないため、長期間留守にしても問題ないのもメリットのひとつです。




Q4:外観を損ねる気がします

ソーラーパネルには屋根の上に乗せる据え置き型と、屋根材と一体になった一体型があります。一体型は屋根にはじめからソーラーパネルが組み込まれているため、外観の凹凸がなくすっきりし、美観を損ねません。また、屋根の役割もきちんとこなすソーラーパネルのため、屋根材の使用部分が少なく済み、経済的にもお得です。既存住宅への導入はやはり据え置き型が主流となっていますが、据え置き型を利用すると二重屋根構造となり外気の影響を受けにくく、夏は涼しく冬は温かい住宅作りにも役立っているようです。







※如何でしたでしょうか?!

私も、太陽光発電は、全く知識がありませんでした。

寿命が意外と長かったのが、嬉しいですね!
  


Posted by makishing at 06:03Comments(2)

2012年06月03日

【夢】




今日は、《ほほえみ読本》からです。





【夢】



言うだけではタダ

チマチマ言っているうちに

できるようになるかも知れない

夢に現実がついて

くることだってあるサ

人生に夢があるのではない

夢が人生をつくるのだ



(殿村進)





※元気と勇気をもらえる詩です!

夢を大きくもって、人生をつくっていきましょう!!
  


Posted by makishing at 05:19Comments(0)

2012年06月02日

なずなの‘別名’




今日は、たまたま食べていた柿ピー(亀田製菓の柿の種)のパッケージの印刷より『けなげ組会員番号54〔ペンペン草〕』を紹介致します。





同じ植物でどうしてこーも扱われ方が違うの?ランやバラみたいに品評会まである奴までいるのに・・・「ペンペン草が生える」なんて貧乏の代名詞にしやがって!!ちゃんと「なずな」って春の七草にも入ってて、子々孫々命を伝えてきた花も実もある草なんだぞ!!






※如何でしたでしょうか!?『ペンペン草=なずな』だったんですね。

『雑草という草はない』という言葉を、思い出しました。

このような場所にも、勉強できるネタが、あるのを感激した次第です。

“なずな”を、応援したくなりました!
  


Posted by makishing at 06:08Comments(2)

2012年06月01日

パッティングラインに乗せる鉄則



今日は、たまたま手にしたゴルフ雑誌『ゴルフレッスンコミック4月号』(発行:日本文芸社)から《谷将貴のクラチャンチャレンジ!!》のパッティング編の2つの鉄則のうちの1つを、紹介致します。






〔肩からお腹までで、どこを意識すると一番スムーズにできるかを見つける〕



正確なストロークをするには頭と下半身以外のどこを意識すれば、よいストロークができるかを掴むことが必要です。

すると、肩、お腹、背中のどこか、ということになります。二の腕の下にパターをはさみ、その状態をキープするために、どこを意識したらよいかを研究します。

私の場合はみぞおちを意識していますが、肩でも構いません。

初心者の方を見ればよく分かりますが、動かしてはいけない頭がよく動いています。パットは腕の振りですが、腕をスムーズに動かすには頭と下半身を固定させておき、肩からお腹までの間を活用します。

パットと言えども必ず芯で打つのは意外と難しいものです。距離感の勝負とはいえ、正確に打つという基本が大前提になりますから、この基本も反復するようにしてください。






※本当は『パッティングラインに乗せる鉄則』は、2つありました。

1つ目は、まっすぐ引いて出す練習のことだけ書いてあり、割愛しました。

本編には写真も載っていましたが、パターを脇に挟んで固定させる方法で、ゴルフなさる方には参考になると思い、掲載しました。
  


Posted by makishing at 06:55Comments(0)