2012年08月18日

一青窈さんについて



今日は、毎日新聞のマンスリーマガジン『なるほドリファミリー』9月号より、一青窈さんのインタビュー《みずみずしい言葉を憂いを帯びた歌声で》を、要約して紹介致します。





言葉豊かな人だ。「ええいああ」という擬音で始まる自作詞のデビュー曲「もらい泣き」から、はや10年。

小さいころは、ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」のマリア役、ジュリー・アンドリュースにあこがれた。「マリアみたいに子どもに歌を教える家庭教師になりたい。NHKのうたのおねえさんもいいな。」と夢を見た。

もっと好きだったのは詩の世界。亡くなった母は寝る前に、いつも読み聞かせをしてくれた。谷川俊太郎さんの「ことばあそびうた」が特にお気に入り。

歌と言葉。子どもの頃から愛してやまないこの2つが、一青窈の土台を創り上げた。最新アルバム「一青十色(ひとといろ)」でも叙情的な自作詞が並ぶ。このうち、自作詞でない作品が一曲だけある。阿久悠の未発表詞「パラソル哀歌」。阿久さんのご遺族から、たくさん詞が残っているからどうぞと言われた。

憂いを帯びた歌声に、みずみずしい感性にあふれた言葉たち。歌詞カードをにらめっこしながら、彼女の内面を旅するのも、楽しいはずだ。







※一青窈さんがデビューした時、他の歌手の方とは違う‘何か’を感じました。

昔のアルバムに入っている曲の中で、とても好きなのが1つあります。

彼女の歌声は、独特な世界観をつくってくれます。これからも、ドンドン素敵な歌を歌ってください。
  


Posted by makishing at 04:04Comments(2)