2012年12月18日

人間関係


今日は、最近好んで読ませて頂いているメルマガからです。





【人間関係】



学校に行っていても、会社に行っていても、ついて回るのが人間関係だ。

それはなぜか。

きっと、神様が、我々人間に、人間関係の中で揉まれるのが、人としての成長が一番早いと感じ、そう仕組んだのだろう。


人間という物質と人間という物質が擦れ合うのが「人間関係」だ。

物質が擦れ合うと、当然、摩擦が起こる。

その摩擦を放っておくと、熱くなり、火が出る。

それを避けるための潤滑油として、「感謝」「思いやり」「ありがとう」「笑顔」などが用意されている。

それらが、物質がぶつかったとしても、摩擦が起きないための神様の配剤なのだ。

だから、その潤滑油をどれだけうまく使えるか、それが人としての魅力につながっていく。

「感謝」「思いやり」「ありがとう」「笑顔」・・・たくさん駆使して、人間関係の海を泳ぐのだ。
そして、みんなに好かれる人になろう。

今日は、「ありがとう」をたくさん言うことで、人生最高の一日を構築しよう。

言い慣れていない人にはちょっと大変かもしれないが、この口癖を身につけると、いいことしか起こらない。
だから、癖になるくらいに、言い続けることだ

今日は、人生でこんなに「ありがとう」を言ったことがない!という日にしてしまおう!

そして今日が今までの人生で最高の一日になるように努力を惜しまないこと。





※人間関係の摩擦を‘あらかじめ’無くす為の潤滑油が、感謝の言葉や笑顔・・・なるほどと、膝を叩いた次第です。

日々、揉まれるのが人間関係。この潤滑油を、多用していきたいと、思います。
  


Posted by makishing at 07:23Comments(2)