2013年01月16日

巨大市場が眠っている“ある業界”



今日は、ある方のメルマガを、途中まで紹介致します。





巨大な市場が眠っています。まだまだ普及するはず「デジタル補聴器」。




聴力の低下は思いのほか早く訪れ、20代より徐々に始まると言われています。また近年は、携帯型音楽プレーヤーの長時間、大音量による“イヤホン難聴”(正式には「伝音性難聴」)も増えています。


しかしなんと言っても、難聴の最大の要因は、加齢です。ところが、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスなどと比較して最も高齢化が進んでいるはずの日本が「補聴器」の普及率が最下位というのが実情です。


2011年度の「補聴器」の出荷台数は、約48万9千台と過去最高の実績を打ち立てました。(「日本補聴器工業会」調べ)。それでも例えば、ドイツの世界No1補聴器メーカー「シーメンス・ヒヤリング・インスツルメンツ」の日本市場の分析によると、難聴など、聴力に不自由を感じている人が1900万人で、そのうち「補聴器」を使用しているのは470万人。たった1/4程度に過ぎないという推計をはじき出しています。





※正直な話、この記事を読ませて頂いて、意外だと思いました。

私は、この時知った“補聴器後進国である日本!”補聴器メーカーが、今後どのように切り込んでいくのかが、注目されます。
  


Posted by makishing at 08:33Comments(4)