2013年01月22日

『産業報国の実と家庭的美風』



今日は、以前勤めていた会社の社内勉強用に頂いた書籍「トヨタウェイのルーツ」から紹介致します。





☆上下一致、至誠業務に服し、
産業報国の実を挙ぐべし。

☆温情友愛の精神を発揮し、
家庭的美風を作興すべし。


豊田綱領





◎解説


佐吉は、昭和5(1930)年10月30日、波瀾に満ちた63年の生涯を閉じたが、佐吉の発明研究と事業経営に対する考え方は、後継者に受け継がれ、豊田関係各社の経営の基本的理念とされた。


その後の、企業規模の拡大に伴う従業員の増加により、この理念を明文化し、周知徹底をはかる必要が生じてきた。そこで利三郎、喜一郎が中心となって理念を整理し、まとめたのが「豊田綱領」である。


佐吉の没後5周年にあたる昭和10(1935)年10月30日、豊田紡織本社工場(現産業技術記念館)内の佐吉の胸像前で発表された。この「豊田綱領」の精神は、現在も、トヨタグループ各社の経営の中に受け継がれている。





※この2つの言葉、とっても深いと思います。

このような、しっかりした理念が根を張る企業だからこそ、何年経っても色褪せることが無いのですね。
  


Posted by makishing at 06:51Comments(4)